« 【Web更新4/5】20-14 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! | トップページ | Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(15) #高層天気図 #数値予報 »

Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(14) #高層天気図 #数値予報

Dscn7785

「大気の物理学実験室」にひきこもる生活が続いている!!
 この暮らしも考え方によっては、なかなか面白い「見もの」がいろいろだ。
 一日でいちばんきれいな空からはじまり
 刻々と変化する「雲見」
 お気に入りの「夕日」スポット
 昨日はそれだけで終わらなかった。オマケの【宇宙見物】までついていた。
 久しぶりの「月暈」だ!!

Dscn7796

Dscn7813

Dscn7856

▼実は、この Webテキスト『天気の変化』はどこまで!? シリーズつづけるか躊躇していた。
 しかし、昨日一日、「雲見」【宇宙見物】を楽しんでいて、やっぱり続けようという気になった。

 今、見あげるている上空で何が起こっているか!?

 その謎解きはやっぱり面白い!!
 「高層天気図」を概観した次はいよいよ 「これから」の予報だ!!
 そんな天気図があった。

◆数値予報天気図(気象庁)

▼「天気予報」が生まれる原本のようなものだ。
 面白そうには思うが、なかなか私には手強そうである。
 実は、3年前(2017)の冬、この作業に挑戦していた。そのときも暗礁にのりあげそのままにしていた。
 今回は、そのrevengeということになる。

 どこまで来ていたのだろう。そのときの到達点としてあげていたものを再掲する。

---------------------------------------------------------------
 雪と「高層天気図」のルール(その1)!! 
「雪は天から送られた手紙である。」(中谷宇吉郎)
「天」の情報は「高層天気図」にある!!
・850hPa(上空1500m)で-6℃は「雪」の目安!!
・500hPa(上空5700m)で-30℃は「雪」、-36℃以下で「大雪」だ!!
・風はビュンビュン300hPa(上空9600m)!!
 これがジェット気流だ。100m/sもめずらしくないぞ!!
---------------------------------------------------------------

▼もうひとつあった。

-----------------------------------------------------------------
 「高層天気図」「数値予報天気図」のルール(その2)
 いつでも どこでも
 <上がるとザアザア 下がるとカラカラ>
・700hPa(3000m)の「鉛直p速度」は「上がる」「下がる」を数値化した目安!!
 -(マイナス)は「上がる」
 +(プラス)  は「下がる」 (地球上のモノはみんな地球に引っ張られている:重力!!)
・湿数(=気温-露点)は大気の湿り度合いを示す!!
 湿数<3℃ で 雲ができる!!
 
・鉛直p速度の-領域で雲ができる!!
 <上がるとザアザア>でアタリマエ!! 
-----------------------------------------------------------------

 どういうこと ?(゜_。)?(。_゜)?
 今一度、よく吟味してみよう!!

(つづく)

Dscn7833

Dscn7875

|

« 【Web更新4/5】20-14 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! | トップページ | Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(15) #高層天気図 #数値予報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【Web更新4/5】20-14 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! | トップページ | Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(15) #高層天気図 #数値予報 »