« Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(15) #高層天気図 #数値予報 | トップページ | Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(17) #高層天気図 #数値予報 »

Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(16) #高層天気図 #数値予報

Dscn7997

▼川の水は澄んでいた!!
 それにくらべ空はすっきり青空というのではなかった。
 遠くの山はぼんやりと霞んでいた。「霧」や「靄」のように「霞」には気象学的定義がないそうである。
 その正体は何なのだろう!?
 大気中の水蒸気由来のものなんだろうか。
 それとも
 花粉、黄砂(まだ早いのかな)…それとも…!?

Dscn8013

Dscn8008

▼上空の大気中の水蒸気量を教えてくれるものがあった。
●極東850hPa気温・風、700hPa上昇流/700hPa湿数、500hPa気温予想図 ( 12時間毎 )
を続けよう。
 「700hPa湿数」というのがある。上空3000mでの「湿数」!?
 「湿数」ってなんだ?

「湿数」=気温-露点

 「露点」は飽和水蒸気量に達した温度、つまり腹一杯になった温度。
 つまりこの「湿数」こそが、腹一杯・満腹にどこまで近づいたかを示す。
 大気中の水蒸気の満腹度を示す!!

満腹の限界を越えてしまえば大気中の「水蒸気」ははみ出して「雲」になる!!

 その臨界点が近いぞ!!
 ということを予想天気図では明示してくれていた。

 「湿域」=「湿数」<3℃
 
 つまり湿っているところ!!
 「雲」がとってもできやすいところ!!

 予想天気図では、「湿域」は縦縞の実線で表示されていた。

▼「極東850hPa気温・風、700hPa上昇流」予想図における

 「鉛直P速度」→「-」→大気「上がる」→実線縦縞

 「700hPa湿数、500hPa気温」予想図における
  
  「湿域」=「湿数」(=気温ー露点)<3℃ →雲がてきやすい→実線縦縞

 ふたつの予想図の実線縦縞はほぼ重なる!!
 これは考えてみると アタリマエ!!

 <上がるとザアザア 下がるとカラカラ> は使えるのだ!!

(つづく)

 Dscn8051_20200409051101

|

« Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(15) #高層天気図 #数値予報 | トップページ | Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(17) #高層天気図 #数値予報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(15) #高層天気図 #数値予報 | トップページ | Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(17) #高層天気図 #数値予報 »