« オンライン「寅の日」8年間に何を読んできたのか!?(3) #traday #寺田寅彦 | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(413) »

Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(13)

Dscn6674

Dscn6689

▼最初に「日暈」に気づいたのは26日15時前だった。日はそのまま西に傾いていった。
 昨日、27日は朝からずっと雨が降り続いていた。いったん小降りになったかと思ったが、また降り出した。
 「日暈」から24時間たってもやはり雨は降り続いていた。

Dscn6708_20200328051901

Dscn6726

▼「日暈」は氷晶の存在を意味する。
 それから雨が降るまでのプロセスを想像してみるのだった!!
 ここもやっぱり「高層天気図」だ!!

●アジア500hPa・300hPa高度・気温・風・等風速線天気図(AUPQ35)
●アジア850hPa・700hPa高度・気温・風・湿数天気図(AUPQ78)

 それぞれ26日12時、27日0時、27日12時をプリントアウトし、ならべてみる。
 またまたこの数値をならべておく。

・300hPa…基準高度9600m
・500hPa…基準高度5700m
・700hPa…基準高度3000m
・850hPa…基準高度1500m

▼ここで少し余談を
 頭のなかで具体的なイメージをつくろうとするのだが、なかなか…(^^ゞポリポリ
 図に書いてみるのも方法だと思う。
 
 もっといいのは模型だ!!
 高さ1m50㎝(対流圏)ぐらいの本棚のような模型をつくっておく。
 十種雲形の雲の模型をつくり配置する!!
 300hPa(96㎝)、500hPa(57㎝)、700hPa(30㎝)、850hPa(15㎝)の位置に透明のプラ板で棚をつくる。
 この高さの様子をあらわしたのが、この「高層天気図」デス!!と。

 誰かつくってくれないかな!!

▼いつも「高層天気図」に慣れ親しむために
 ひまなときに「高層天気図」見るためのサイトをiPhoneに登録している。

●北海道放送HBC(予想にチャレンジ!専門天気図)

●地球気(専門天気図)

 さあ!!
 次は予想だ!!
 今日はどうなるだろう!?
 明日はどうだろう!? かなり切実な問題であった。

(つづく)

Dscn6753

 

|

« オンライン「寅の日」8年間に何を読んできたのか!?(3) #traday #寺田寅彦 | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(413) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オンライン「寅の日」8年間に何を読んできたのか!?(3) #traday #寺田寅彦 | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(413) »