« 2020年4月のオンライン「寅の日」は #traday #寺田寅彦 | トップページ | 【お薦め本】『ニュートン式超図解 最強に面白い!! 天気』(荒木健太郎 監修 ニュートンプレス) »

Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(12)

Dscn6066

Dscn6084

▼春分の日(2020/03/20)。
 私は首がいたくなるほど一日中上空をながていた!!
 青空がずっとずっと広がっていた!!
 だから、上空を通過する飛行機が目立っていた。
 あらためて、こんなにもたくさんの飛行機が上空を飛んでいるのかと驚いた!!
 それは我が家のとなりを通過する播但線以上だった!!

●Flightradar24

 このアプリを立ちあげておいて、通過する飛行機をながめていると面白さ倍増だ!!
 飛行機の飛ぶ経路は一発でわかる。その飛行機に関する情報はすべて…!!

 飛んでいる高さもリアルタイムに!!

Dscn6091

▼飛行機が飛んでいる高さの気象情報はどの「高層天気図」を見ればいいのだろう!?
 それはこれだ!!

●アジア500hPa・300hPa高度・気温・風・等風速線天気図(AUPQ35) ( 12時間毎(00UTC,12UTC) )

 さっそく昨日の0時と12時のプリントアウトしてみた。
 
 300hPaの標準高度は9600mである!!

▼300hPa「高層天気図」こそ、飛行機が飛んでいる高さの気象情報が満載だ!!
・気温は? 寒い{{ (>_<) }}
・等風速線 破線で表示されている。20ノットごとだ!!
・ここでやっぱり注目は 風だ!! (゜o゜)ゲッ!! 100ノットを越えていることざらではないか!!
 1ノット=0.51m/s → 100ノット=51m/s
 これぞジェット気流だ!!

 昨日0時我が家の上空に100ノットの風が
 12時には東北の上空にそれ以上の風が…。
▼この「ジェット気流」こそが、日本の「天気の変化」の謎解きの鍵になる!!
 詳しくは、ゆっくり ゆっくり だ。
 ここまでで一応、

 ・300hPa…基準高度9600m
 ・500hPa…基準高度5700m
 ・700hPa…基準高度3000m
 ・850hPa…基準高度1500m

 は出そろった。
 我が「大気の物理学実験室」は、徐々に立体的に見えてくるのだった!!

(つづく) 

Dscn6122

Dscn6167

|

« 2020年4月のオンライン「寅の日」は #traday #寺田寅彦 | トップページ | 【お薦め本】『ニュートン式超図解 最強に面白い!! 天気』(荒木健太郎 監修 ニュートンプレス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年4月のオンライン「寅の日」は #traday #寺田寅彦 | トップページ | 【お薦め本】『ニュートン式超図解 最強に面白い!! 天気』(荒木健太郎 監修 ニュートンプレス) »