« 2020年2月(如月)の俳句「歳時記」!! | トップページ | 今年も「立春の卵」を立てた!!(2020/02/03) #立春の卵 »

【Web更新2/2】20-05 【ヒガンバナ情報2020】 等 更新!!

_dsc3575

藪ノ下とき急ぎたる椿哉 20/01/31撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-05
 週末定例更新のお知らせ
 小さな「事実」がある。
 その「事実」をウメサオタダオに従い「記憶せずに記録する」。
 やがて「記録」はツナガリ、物語を編む!!そして「科学」が生まれる!!

 それですぐさま思い出すのが、我らが『ファラデーの日記』である。
 彼はなんと42年間も「記録」を続けたという。

◆表紙画像集2020 更新 椿
 ほぼ毎朝散策する「藪ノ下」に、はやくも椿が咲いていた。
 あれよあれよという間に、落ち始めた。
 立春を待たずに !!
 
 奈良東大寺二月堂の椿を思い出す。
 一ヶ月先の若狭の「お水送り」、二月堂の「お水取り」 今年はどうしよう!?

◆【ヒガンバナ情報2020】 更新!!
 今年も【ヒガンバナ情報】のページをスタートさせた。
 1998年春~初夏からはじめた本ページ、実に23年目になる。
 思えば遠くへきたもんだ!! 
 今年は、ここにどんな「事実」を「記録」することができるだろうか!?

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 先日のファラデーラボ「気象のかがく」で驚き感動したことがある。
 私が長年Webテキスト『天気の変化』として、イメージしてきたことが、プロたちの手ですでにつくられていたことだ!!
 さて、「これから」どうする!?
 
 本日「節分」
 そして明日、「立春」!!
 今週も 小さな小さな「事実」の 「記録」を続けよう!!
 

|

« 2020年2月(如月)の俳句「歳時記」!! | トップページ | 今年も「立春の卵」を立てた!!(2020/02/03) #立春の卵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年2月(如月)の俳句「歳時記」!! | トップページ | 今年も「立春の卵」を立てた!!(2020/02/03) #立春の卵 »