« 今さらですが、「磁石」って!?(13) #磁石 | トップページ | 【Web更新2/9】20-06 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! »

今さらですが、「磁石」って!?(14) #磁石

Dscn2037

Dscn2044

元祖「ゼネコン」(手回し発電機)だ!!

 「ゼネコン」ふたつをつないで、一方の「ゼネコン」のハンドルを回すと
 もう一方の「ゼネコン」はのたうち回るように動く!!
逆にのたうち回っていた「ゼネコン」のハンドルを回すと
 今度は逆に…!!

 ただこれだけの実験(遊び!?)だ。
 これが妙に人気があった!!見ているだけではやめられない。
 必ず自分でもやってみたくなるのだった。

 「発電機」→「電動機」(モーター)
 「電動機」(モーター)→「発電機」 

▼ガラクタほり込んでいる段ボール箱からみつけてきたんだ。
 「なかみ」をバラして確認したこともある。(今は、その必要もないが)
 マブチモーターが出していた。ダカラ アタリマエに「モーター」が入っていた。

 モーターの「なかみ」は、すでに見たように「磁石」と「コイル」だ!!

▼元祖「ゼネコン」は元々は電気で「動くおもちゃ」を動かす「発電機」だった。
 だから長い長い導線が付属していた。「発電」を楽しむ電球もついていた。

 それにしてこれほど多種多様な使い方をした「教材」は他にない!!
・スピーカーを唸らす!!
・導線の両端くっけるとハンドル回す力は!?
・「電気分解」~イオン動かすにはうんとエネルギーが~
・ニクロム線温度計の先に巻き付け~「発熱」競争だ!!~
等々

 ともかく自分の手を動かしてということが、「感動」をよぶようだ!!
 これほど重宝した「教材」は少ない。
 誰か いまのうちに

 現代理科教材発展史「スライム」のように現代理科教材発展史「ゼネコン」を書いてくれないかな!!
 
▼ヤバイ!!
 滅茶苦茶ヤバイ!!
 ベクトルがいつのまにやらまったく逆方向を向いている。
 今年こそ、「店じまい」の断捨離を決意していたのに、
 「今さらですが、「磁石」って!?」シリーズはじめたら、部屋はひろがるいっぽうだ!!(^^ゞポリポリ
 
 これもまた、うれし哀しい理科教師の性というものである。
 
 まだ懲りずに
(つづく)

Dscn2091

Dscn2122

|

« 今さらですが、「磁石」って!?(13) #磁石 | トップページ | 【Web更新2/9】20-06 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! »

コメント

 初めてコメントさせていただきます。
 某公立大学の工学部一年生です。

 楠田様のブログ, 大変面白く感じました。Twitterのほうもフォローさせていただきます。

 ところで自分は地学が趣味でして, 1998年の宮城県地学部会誌を読んでいると インターネット版【理科の部屋】となるほどの森 が面白いという記述があったのです。

 今もログくらい残っているのかなと思い調べているとこのブログにたどり着きました。

 NIETY(?)など昔のネットツールがはよくわからいのですが, 楠田様がインターネット版【理科の部屋】を運営していたということなのでしょうか?

 インターネット版【理科の部屋】のリンクはどのページも切れているようですが...

 長文大変失礼いたしました。
 

投稿: 永田 | 2020/02/09 20:12

永田さん
はじめまして
コメントありがとうございます。

> ところで自分は地学が趣味でして, 1998年の宮城県地学部会誌を読んでいると インターネット版【理科の部屋】となるほどの森 が面白いという記述があったのです。

【理科の部屋】に興味をもっていただきありがとうございます。
インターネット版【理科の部屋】は、私が運営していたものではありません。少しは関係はしてはいましたが…。
インターネット版【理科の部屋】の展開は、当時とても面白い情報を発信していました。リンク集とても有益でした。
 リンク切れになって、読めなくなっているのはとても残念ですね。

「なるほどの森」を発行されていた森さんは、その後理科ハウスを立ちあげられて活躍されています。
 「理科ハウス」 http://licahouse.com/
機会ありましたらぜひ訪ねてみてください。
 また、「なるほどの森」は、以下で読むことできますよ。今読んでも面白いですよ。
インターネット版「なるほどの森」http://kume.life.coocan.jp/naru/indexj.html

 では、また…。

投稿: 楠田 純一 | 2020/02/10 05:09

 御返信有り難うございます。

 また, なるほどの森等のURLも載せてくださって有り難うございます。

 少しだけNIFTY-serveの仕組みについて勉強しました。なんとなく【理科の部屋】の仕組みについても理解できました。

 インターネット版【理科の部屋】と呼んでいたのは, NIFTY-serveは元々インターネットと関係なかったからなのですね。

 大変勉強になりました。
 楠田様のブログとTwitterは今後も楽しく読ませていただきます。
 有り難うございました。
 

投稿: 永田 | 2020/02/11 09:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今さらですが、「磁石」って!?(13) #磁石 | トップページ | 【Web更新2/9】20-06 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! »