« 今さらですが、「磁石」って!?(5) #磁石 | トップページ | 【Web更新1/19】20-03 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! »

今さらですが、「磁石」って!?(6) #磁石

Dscn9328

Dscn9337

方位磁針はたしかに動いた!!
 導線に電流を流した瞬間に方位磁針の先は振れた!!
 それも方位磁針の置く位置によって振れは逆だった!!
 導線の下に方位磁針置いたときと上に置いたときとでは!!
 どういうこと ?(゜_。)?(。_゜)?

 やっぱり「磁石」と「電気」となんか関係があったんだ!!

▼この「磁石」と「電気」の摩訶不思議な関係があきらかになりはじめたのはいつだろう!?
 またしても、【お薦め本】『いたずら博士の科学教室 磁石の魅力』(板倉 聖宣著 仮説社)の「磁石と人間の年代記(年表)」のお世話になろう。

●一八〇二〇年 エールステッド(デンマーク、一七七七~一八五一年) 磁針の近くにおいた針金に電流を通すと、磁針に磁力を及ぼすこと(電流の磁気作用)を発見、発表。

 ギルバートが「地球が巨大な一個の「慈石」である」ことを唱えてから220年後のこと!!
 そして
 今からちょうど200年前のことなんだ!!
 たった200年!!それとも…!?

▼待てよ!!待てよ!!
 エールステッドは、針金に通した「電流」は、どうして手に入れたのだ!?

 そうだ!!
 エールステッドの「電流の磁気作用」から20年さかのぼることちょうど1800年、世紀の大発明があったのだ。

●一八〇〇年 ボルタ(イタリア 一七四五~一八二七)、ボルタ電池を発明!!

 1794年に発明されたボルタ電堆を改良したものだった。
 これが「磁石」と「電気」の関係の謎解きを大いに加速させたのである。

▼待てよ!!待てよ!!待てよ!!
 どこかでそれを見た記憶があった!!
 
 『舎密開宗』の宇田川榕庵を津山洋学資料館に訪ねたときだった。
 そこで見せていただいた『舎密開宗―復刻と現代語訳・注 (1975年)』(講談社 宇田川 榕菴 (著),田中 実 (著))が気に入ってしまった。
 どうしても手元に置いておきたくなり、ついに手に入れてしまった。
 ここにも確かに図があった!!

 「ボルタ電池」の発明は、次々とあらたな「発明」「発見」にツナガル!!

(つづく)

Dscn7525

Dscn7601_20200119051101

|

« 今さらですが、「磁石」って!?(5) #磁石 | トップページ | 【Web更新1/19】20-03 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今さらですが、「磁石」って!?(5) #磁石 | トップページ | 【Web更新1/19】20-03 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! »