« 子規庵の糸瓜から「へちまたわし」を!? #子規庵 #糸瓜 | トップページ | 【理科の部屋】30年史に向けて!!(1) #30thrika »

ヒガンバナ完熟「種子」の回収はまだ続いていた!! #ヒガンバナ

Dscn4566

Dscn4584

Dscn4594_20191205055001

▼玄関を出て109歩先にあった「自然結実」ヒガンバナ!!
 花茎の先から完熟「種子」がこぼれ落ちそうになったので、11月30日(土)に花茎ごと採集して「水栽培」をしていた。
 「なかなかこぼれ落ちないな!?」と、じっくり観察してみると、花茎の先の三叉になったところにちょこっとのっていた。
 「目玉オヤジ」から「目玉ちょうちん」状態になっても、なかなかこぼれ落ちないのもあった。

_dsc8738

_dsc8756

▼そう、まだまだヒガンバナ完熟「種子」の回収は、まだまだ続いていたのだ。
 花茎採集場所、採集日、「種子」回収日ごとに、こぼれ落ちた「種子」をナイロン袋に入れる。
 これまで使っていたケースでは入りきらない!!あらたに近くにあった飼育ケースに入れていっていた!!
 最終的な集約はまだしていない。
 しかし、袋の数から考えても優に200個をこえているだろう!!

_dsc8827

▼現段階で確かに言えることが、2つある。
 ひとつは
●「自然結実」ヒガンバナの花茎を「水栽培」して、完熟「種子」を手に入れる方法は正しい!!
 「水栽培」の水をこまめに替えたりする必要はない!!
 ただただ容器に水を入れ、採集した花茎を挿しておくだけだ。
 花茎はやがて枯れ、完熟「種子」はこぼれ落ちてくる!!
 それを回収すればいいだけだ!!
▼もうひとつは
●今年のヒガンバナは「異常」なまでに、高頻度に「自然結実」していた!!
200個を越えるであろう完熟「種子」がその証拠だ!!

 この膨大な数の完熟「種子」を使っての実生実験方法はあらたな課題だ。

 「ヒガンバナに何が起こっているのか!?」の謎解きまだまだ続く!!

Dscn4597

Dscn4602

Dscn4612

|

« 子規庵の糸瓜から「へちまたわし」を!? #子規庵 #糸瓜 | トップページ | 【理科の部屋】30年史に向けて!!(1) #30thrika »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子規庵の糸瓜から「へちまたわし」を!? #子規庵 #糸瓜 | トップページ | 【理科の部屋】30年史に向けて!!(1) #30thrika »