« 【Web更新11/17】19-46 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! | トップページ | 【必見】ファラデーラボの「これまで」と「これから」がわかる!! »

2019年12月のオンライン「寅の日」は #traday #寺田寅彦

Dscn0103_20191120050801

Dscn0088_20191120050701

▼残暑厳しい今年の9月10日。
 私は久しぶりに「中谷宇吉郎 雪の科学館」を訪ねた。
これまで以上に時間をかけて、じっくりと「雪の科学館」を堪能させてもらった。
そのとき、こんなことを書いていた。

 やっぱり私がいちばん気になるのは寅彦がらみのところだった。
 寅彦から譲り受けたというネクタイが展示してあった。
 年譜を見ていて気づいた。寅彦が亡くなったとき宇吉郎は35歳だった!!若い!!
 宇吉郎にとって寅彦という存在は!?
 寅彦にとって宇吉郎という存在は!?
 また、オンライン「寅の日」でもとりあげたいテーマでもある。 
 

Dscn0061_20191120050701

▼2019年12月のオンライン「寅の日」の計画を立てる時期である。
 実はこのときにテーマは決めていたのである!!
 「中谷宇吉郎に「寅彦」を読む!!」
 と。12月は3回(年に一度の特番を含めて)ある。

■2019年12月オンライン「寅の日」!!
◆第240回オンライン「寅の日」 …12/07(土)
◆第241回オンライン「寅の日」 …12/19(木)
◆第242回オンライン「寅の日」 …12/31(火)

▼オンライン「寅の日」をはじめて8度目の冬を迎えようとしている。
 はじめてのことだった!!
 寅彦以外の人の書いた文章を読むのは。
 それにしても、中谷宇吉郎が師・寺田寅彦について語った随筆の多いことか!!
 私たちは、ひょっとしたら中谷宇吉郎の眼を通して、「寅彦」像をつくってしまっているではないかと思うほどだ。
 迷ったあげく2つに決めた。
 「指導者としての寺田先生」 「寺田寅彦の追想」に。
 12/31は寅彦の命日。だから<特番>に読むものは決めていた。
 「日本人の自然観」を読みながら「ゆく年くる年」を!!

■2019年12月オンライン「寅の日」!!

◆第240回オンライン「寅の日」 …12/07(土)「指導者としての寺田先生」(中谷宇吉郎 青空文庫より)

◆第241回オンライン「寅の日」 …12/19(木)「寺田寅彦の追想」(中谷宇吉郎 青空文庫より)

◆第242回オンライン「寅の日」 …12/31(火)「日本人の自然観」(青空文庫より)

▼9月、「雪の科学館」へ向かうバスのなか、首からカメラをぶらさげている私に向かってバスガイドさんが教えてくれたった。
 「雪の季節なら、ここからの景色が最高なんですよ!!」
 「ぜひ雪の季節にもう一度…」
 そう言えば、まだ雪の季節に「雪の科学館」を訪れたことがなかった。
 中谷宇吉郎を読んでいるこの機会に訪ねてみたくなった。
 9月とはまたちがった景に出会えそうな…。
  
 「冬の華」の景は…
 
Dscn0049_20191120050701

 

|

« 【Web更新11/17】19-46 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! | トップページ | 【必見】ファラデーラボの「これまで」と「これから」がわかる!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【Web更新11/17】19-46 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! | トップページ | 【必見】ファラデーラボの「これまで」と「これから」がわかる!! »