« 原子論的物質観と授業(6) | トップページ | 原子論的物質観と授業(7) »

映画『天気の子』を観た!! #天気の子

Dscn8331

▼秋雨前線の影響をうけてぐずついた天気の「雲見」が続いていた。
 姫路に出る機会があり、今話題の映画『天気の子』を観た!!

◆映画『天気の子』

▼あの新海誠監督の最新作!!今、大ヒット上映中!!
 確かに観客はいっぱいだった。
 話題になっているということで、一度は観ておきたいと思っていた。
 特に私の興味は「雲見」に関連してであった。
 【お薦め本】風に特に面白いと思ったこと3つをあげてみる。

(1) アニメーション映像「雲見」が楽しめる!!
(2) リアル「雲見」がより興味深くなってくる!!
(3) 「雲見」と防災・減災をツナグきっかけになる!!

▼「雲見」に特化した感想を少しだけ。
(1) アニメーション映像「雲見」が楽しめる!!
 気象監修にあたられた荒木健太郎さんがパンフレットのなかで、新海監督との出会いは、荒木さんの著書『雲の中では何が起こっているのか』(荒木健太郎著 ベレ出版)を新海監督が読まれたのがきっかけであると語られている。
 新海監督は、気象学についても造詣が深いのである。
 だから、その新海監督と雲研究者・荒木さんがコラボしてつくりあげた「雲見」映像は、ただ迫力あり美しいだけでなく気象学的根拠をも持っていた。
 それがより豊かに魅力的な映像を生み出していた。
 よりドラスティクな積乱雲・かなとこ雲等々 スプライト まで出てくるのにはびっくりだ!!

(2) リアル「雲見」がより興味深くなってくる!!
 映画館から外に出たら、思わず空を見上げて「雲見」をした。
 まだ雨は降り出していなかった。
 いつものリアル「雲見」もより興味深くなっていた。

▼最後にもうひとつだ
(3) 「雲見」と防災・減災をツナグきっかけになる!!  
 物語の中では「異常気象」をあつかっていた。
 我々と「天気」とのつき合いはかぎりなく古い!! これからもまたかぎりなく続く!!
 「大気の物理学実験室」のなかに暮らす我々の宿命デアル!!
 この映画が、「天気」とのつき合い方を考えるきっかけになればいいな。
 いやなりそうな気がする!!

 物語そのものの感想についてあまりふれなかったが、特に後半は手に汗をにぎりながら見入ってしまっていた。 
 たしかに、面白い!! まだの方、ぜひぜひのお勧めだ!!

 Dscn8376
 

|

« 原子論的物質観と授業(6) | トップページ | 原子論的物質観と授業(7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原子論的物質観と授業(6) | トップページ | 原子論的物質観と授業(7) »