« 実生ヒガンバナ「種子」三つ目も発芽・発根か!?(2019/06/03) #ヒガンバナ | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(406) #クモ学 »

今年もコガネグモに出会えた!!(2019/06/03) #クモ学

_dsc3021

▼一昨日(2019/06/03)の朝、金柑の木に団居(まどい)していた子グモたちのほとんどが、バルーニングによって大空に向けて旅立ってしまった。もっともっと観察していたかったのに…(/_;)

 少しさみしい思いで朝の散策に出た。
 そして、今年はじめてのあいつに出会った!!
 コガネグモである。まだまだ小さい!!
 コガネグモの小さいタイプに「コガタコガネグモ」というのがいるが、それもこれまでによく出会ってきたのでわかる。それではない、出会ったのはやっぱり小さいコガネグモだ!!

 昨日(2019/06/04)の朝も、その場所に行ってみた。
 きっちりとあいつはまだそこに居てくれた。一匹が居るのなら…と近くをていねいに見ていると、二匹目のあいつが居た。
 二匹目のあいつの近くには、はやくもシロカネイソウロウグモまで姿を見せていた。

_dsc3216

_dsc3234

▼アリガタイ!!
 私はこれで連続して7年、家の近くでコガネグモに出会ったことになる!!
 そもそも、7年前にはじまった私のシロウト「クモ学」は、
 このコガネグモの狩りに偶然出会ったことからはじまる!!
 それまでは、こんなに身近にいながらもまったくクモには関心はなかった。
 だから、私にとってコガネグモこそが、「クモ学」の面白さを最初に指南してくれた師匠でもあった。
▼それにしても今もって不思議だ!!
 どうしてこんなに面白い「クモ学」に気づかずに生きてきたのだろう!?
 ちょっとその気になって観察すれば、次々と面白いことを教えてくれるクモたち!!
 理科の教師でありながら、またこんなめぐまれた環境に暮らしてきていながら、「昆虫少年」であった記憶はない!!
 そんな私が、この7年間、クモには夢中デアル!!
 「クモ少年」ならぬ「クモ爺」を自認する!!
 クモのことならなんでも知りたい!!
 なぜ、そんなに「クモ学」が面白いのか!? 思いつくままにならべてみる。
(1) クモは急に動かない!!ジックリ観察させてくれる。(なんでもゆっくりな私には最高にウレシイ)
(2) その気になって探せば、必ず身近に誰でも見つけることができる。
(3) 巧みな糸技の数々を見せてもらえる。
(4) 「昆虫」以上に知らなかった面白いことをいっぱい教えてくれる。
等々 シロウトにはなかなか伝えきれない!!

 プロたちに強く言いたい
  はやく『クモはすごい』を書いてくれ!! 

▼二匹のコガネグモのすぐ近くで名前の知らないクモが、巨大なカマキリ(?)の狩りをしていた。
 さあ、今年のシロウト「クモ学」では、どんな出会いがあるだろう。
 もうあのゲホウグモと出会うことはないのかな。
 いや、もっとちがうクモとの出会いがあるかな。 o(^o^)o ワクワク

_dsc3271

 
 
 
 

|

« 実生ヒガンバナ「種子」三つ目も発芽・発根か!?(2019/06/03) #ヒガンバナ | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(406) #クモ学 »

コメント

楠田先生、こんにちは。
鈴木勝浩です。
ご無沙汰しております。
写真のクモですが、おそらく「コシロカネグモ」と
思われます。
似たクモに、オオシロカネグモ、チュウガタシロカネグモ、コシロカネグモがいます。
腹部背面の写真から、オオシロカネグモかコシロガネグモの可能性があります。(チュウガタシロカネグモは、腹部の両肩に低い肩隆起がありますが、それが見られないので。)腹部背面の写真から、コシロカネグモと判断しました。
オオシロカネグモの場合、糸器前方の1対の黄斑は明瞭であるが、後方の1対は明瞭でない。
コシロカネグモの場合、糸器前方に1対、後方に2から3対の黄色斑点がある。
楠田先生の腹部背面の写真から、3対の黄斑が明瞭ですので、コシロカネグモと判断しました。
それでは、また。

投稿: 鈴木勝浩 | 2019/06/09 10:11

鈴木勝浩先生
ご無沙汰しています。
私の「クモ学」師匠からのコメントとてもうれしいです。
たいへんくわしい説明でわかりやすいです。
コシロカネグモで納得です。今、いちばん旬のクモですね。
またいろいろ教えて下さい。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: 楠田 純一 | 2019/06/09 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実生ヒガンバナ「種子」三つ目も発芽・発根か!?(2019/06/03) #ヒガンバナ | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(406) #クモ学 »