« サイエンスコミュニケーター宣言(407) #クモ学 | トップページ | 本日(2019/06/10)、第225回オンライン「寅の日」!!#traday #寺田寅彦 »

サイエンスコミュニケーター宣言(408)

_dsc3939

大賀ハス観察池がピンチだ!!
 【大賀ハス観察日記】をつけだして今年で12年目に入っている。この12年間で、今が最大のピンチかも知れない。
 今年の蓮根の植え替えをしてから11週目だった。
 昨年、小さな観察池に分散していたものを再び大きな観察池にもどした。今年の観察に大いに期待していただけにショックだった。
 例年の成長にくらべ今年は少し元気ないと感じていた。それで追肥を加えすぎたのかも知れない。
 池の水は黒く濁り、どぶ沼のようになってしまった。浮葉も枯れ始めるものも出てきたので、あわてて池の水の入れ替えもしてみた。
 この大賀ハスの元々の「ハスの実」のおすそ分けをしていただいた本家本元の阪本さんにSOS発信をして、ていねいなアドバイスをもらった。
 ナルホド!!(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン さすがだ。深謝
 一昨日の大雨で洗われ少し元気を回復したかに見えるが…。なんとしてもこのピンチから救出したい!!
▼サイエンスコミュニケーターとしての「現在地」確認の作業を続ける。
 次なる座標軸はこうだった。

(4) あらたな理科教育コミュニティの構築!

 これについては、ここ数年で私はひとつの結論めいたものを持っていた。
 寺田寅彦流に言うならば
 「新しい事はやがて古い事である。古い事はやがて新しい事である。」
 デアル!!
 古くて常に新しいモノ、常に「あらたな」展開をめざすもの!!
 それが私にとっては【理科の部屋】だ。

▼最後の座標軸に行く。

(5) 日本理科教育史を現在進行形のかたちでまとめる。
 
 ゆっくり読んでみると、自分でも赤面してしまうほど大げさなことを言ったものである。
 一介のポンコツ理科教師が語るようなことではないのかもしれない。
 でも私は力説したい。
 「日本理科教育史」を専門家だけに任しておく時代ではない!!
 もっともっと等身大の「日本理科教育史」が語られなければならない!!
 幸いなことに、それを語りはじめる手段とツールを誰もが手に入れた時代だ!!

▼「日本理科教育史」ということで、これまでずいぶんと参考にさせてもらった書籍がある。

■「増補 日本理科教育史」(板倉聖宣著 仮説社 2009.4.1)

1968年版の増補版である。本文もさることながら、この付録の「年表」がとても参考になった!!
「日本理科教育史」を俯瞰するとき、必見である!!
  
 しかし、その年表も2009.4.1で終わっていた。
 誰かがこのあとを「記録」されているのだろうか?それが知りたい!!

 なにかここで一緒に書くことがちょっと恥ずかしいが、私にとってはより等身大の「日本理科教育史」年表があった。

◆【理科の部屋】25年史年表

【理科の部屋】30年史年表に向けて少しずつ少しずつ更新をつづけよう。
 ゆっくり 急ごう!!

 今回の「現在地」確認作業はここまででいったん終了する。

|

« サイエンスコミュニケーター宣言(407) #クモ学 | トップページ | 本日(2019/06/10)、第225回オンライン「寅の日」!!#traday #寺田寅彦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サイエンスコミュニケーター宣言(407) #クモ学 | トップページ | 本日(2019/06/10)、第225回オンライン「寅の日」!!#traday #寺田寅彦 »