« 2019年5月(皐月)の俳句「歳時記」!! | トップページ | 【お薦め本】『科学絵本 茶わんの湯』(文:寺田寅彦 解説:髙木隆司/川島禎子 絵:髙橋昌子 窮理舎) »

ついに実生ヒガンバナ「種子」が発芽・発根か!?(2019/05/02) #ヒガンバナ

_dsc7948

ついにひとつの「種子」が発芽・発根か!?
 実は少しあきらめかけていた。
 はじめて気づいたのは2019/04/29の朝だった。まだ半信半疑だった!!
 昨日(2019/05/02)じっくり観察してみた。芽はかなり大きく長くなっていた!!
 それに緑っぽくもなっていた!!
 もう間違いない。
 実生ヒガンバナの「種子」が発芽・発根したのだ!!
_dsc7693
▼昨年の晩秋に採集した34個の「種子」を使って種子から育てる実生実験に入ったのは、2019/02/06だった。
◆楠田式「自然結実」ヒガンバナ実生実験法!!
などと大きなことを言いながらも、私はいささか不安になっていた。
 昨年度もひとつとして、発芽・発根を見ることがなかった。もし、今年ひとつも見ることがなかったなら根本的に考えなおす必要があるかと思っていた。それだけに、今回の発芽・発根はうれしい\(^O^)/
昨年採集・回収した「自然結実」ヒガンバナの種子は34個だ。
 種子を保存しておいたナイロン袋には花茎採集日、種子回収日、採集場所を記していた。
 今回、発芽・発根にこぎつけた種子の袋には次のように記してあった。
 「2018年 10/20 12/10 安富」
 ナラバわかった!!
 このとき(2018/10/20)に採集したものだ!! 
▼2013年の「自然結実」ヒガンバナ群生地の発見以来取り組んできた実生実験も7年目になる。
 これまで発芽・発根までこぎつけた種子は2014年採集の3つ、2016年採集の3つ
 そして、今回の1つである。従ってこれが7個目になる。
 他の種子をふくめて注意深く観察をつづけたい。
 これもまた「出葉」までもっていけるだろうか!?

 道は遠い!!
 しかし、ヒガンバナになにかが起きていることは確かだ!!
_dsc7969

_dsc7940

  

|

« 2019年5月(皐月)の俳句「歳時記」!! | トップページ | 【お薦め本】『科学絵本 茶わんの湯』(文:寺田寅彦 解説:髙木隆司/川島禎子 絵:髙橋昌子 窮理舎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019年5月(皐月)の俳句「歳時記」!! | トップページ | 【お薦め本】『科学絵本 茶わんの湯』(文:寺田寅彦 解説:髙木隆司/川島禎子 絵:髙橋昌子 窮理舎) »