« 2019年2月(如月)の「雲見」は!? | トップページ | 今年も「立春の卵」を立てた!! #立春の卵 »

2019年2月(如月)の俳句「歳時記」!!

_dsc9328

「俳句」という「科学の方法」を採用する ?(゜_。)?(。_゜)?
 なんともわけのわからぬことを言い出したものだ。
 自分のことながら呆れてしまう。
 でも本人はいたって本気である。

 俳句結社『「寅の日」の会』への道のりは遠い!!
 しかし、道のりの遠さは立ち止まる理由にはならない!!
 ゆっくり 急ごう!!

 2月がはじまった。
 そこかしこに2月がこぼれていた。
▼今月も名句を楽しませてもらうところからはじめよう。
 名句の参考にさせてもらうのは

◆NHK「俳句」 テキスト 

である。ここより巻頭名句11句を引用させてもらう。

(1) 梅白しまことに白く新しく 星野立子
(2) はなみちてうす紅梅となりにけり 暁台
(3) 晴れぎはのはらりきらりと春時雨 川崎展宏
(4) 針といふ光ひしめき針供養 行方克巳
(5) 春寒や議事堂裏は下り坂 尾池和夫
(6) 薄氷の岸を離るる光かな 皆川盤水
(7) きりもなく釣れて公魚あはれなり 根岸善雄
(8) まんさくの花びら縒を解きたる 仁尾正文
(9) 並びゐて日向日陰のクロッカス 本井英
(10) 一枚の餅のごとくに雪残る 川端茅舎
(11) 乾きつゝふかみどりなる和布かな 高浜年尾

▼さすが「名句」だ!!
 どうしてこんなにうまいのん!?
 そんな名句のなかからの「シロウト選句」、今月も続けよう。

【私の選んだ名句ベスト3】

(10) 一枚の餅のごとくに雪残る 川端茅舎

(6) 薄氷の岸を離るる光かな 皆川盤水

(8) まんさくの花びら縒を解きたる 仁尾正文


【次点】

(1) 梅白しまことに白く新しく 星野立子


 すばらしい!!
 その「観察眼」に驚くばかりだ。

▼ひとり「吟行」、「句会」ならできないこともない。
 本意ではないが、できるところから取りかかるというのも作戦のひとつだ。

 ゆっくり行く者は遠くへ行く!!
 それを信じて 
 選句の次なるStep 「俳句もどき」を詠んでみよう。

_dsc9299

_dsc9347

_dsc9359


|

« 2019年2月(如月)の「雲見」は!? | トップページ | 今年も「立春の卵」を立てた!! #立春の卵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019年2月(如月)の俳句「歳時記」!!:

« 2019年2月(如月)の「雲見」は!? | トップページ | 今年も「立春の卵」を立てた!! #立春の卵 »