« オンライン「寅の日」7年の歩みから(16) #traday #寺田寅彦 | トップページ | 2019年2月(如月)の俳句「歳時記」!! »

2019年2月(如月)の「雲見」は!?

Dscn4752
▼はやくも平成最後の1月(睦月)は過ぎてしまった。
 2月(如月)になった。
 今月はどんな「雲見」になるだろう!?
 
 その前に2019年1月(睦月)の「雲見」をもくもくシールセットによる「雲見」カレンダーでふり返ってみよう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴   4
・巻雲   1
・巻積雲   0 
・巻層雲  2 
・高積雲  1 
・高層雲  5 
・層積雲  5  
・積雲   8
・層雲   0     
・乱層雲   5   
・積乱雲  0

 「積雲」8、「層積雲」「高層雲」「乱層雲」5 こんな数だけでなんとなく1月の空が思い出せるから不思議だ。

▼2月(如月)の「雲見」の予想に入ろう。
 まずは昨年2月の天気図を見てみる。

◆日々の天気図 2018年2月 (気象庁)

 こうしてみるとよくわかる。
 昨年の冬はほんとうに厳冬だったんだ。「記録的大雪」のコトバも目立つ。
 今年はどうだろう。
 やっぱり「暖冬」なんだろうか!?
 「雲見」はどうなるだろう。

▼今年から「雲見」の予想は次の

◆『12ヶ月のお天気図鑑』(武田康男・菊池真以著 河出書房新社)

を参考にさせてもらっている。
 これが実にいい!!
 その月に見られそうな典型的な「雲見」の景をイメージしておいて「雲見」をするのだ。
 今月もあがっている具体的な景のタイトルだけ引用させてもらおう。

「御神渡り」
「立春寒波」
「日脚伸ぶ」
「極寒」
「風花」
「氷柱」
「月明かり」
「冬雲の明かり」
「南岸低気圧」
「砂塵嵐」
「春の三日月」
「アイスモンスター」
「光の春」
「春めく」
「太陽柱(サンピラー)」

 写真をじっくり見せてもらいながら、これらの景をインプットしていく!!
 なんとも楽しいひとときだ。
 さあ、これらのうちいくつの景と出会うことができるだろう。

▼昨年に引き続き、「Wコップの氷」の実験をやっている。
 やっぱり昨年と冷え込み具合がずいぶんちがう。
 それは「根毛氷」の生え方を見ていてもよくわかる。

 「ストロー氷」をもう一度見ることはないのだろうか!?

 私には「御神渡り」よりも、ずっとずっと不思議だったのだが。

 2月も「雲見」の旅にいっぱいでかけたいな。
 どんな「雲見」が待っているだろう。o(^o^)o ワクワク

 

|

« オンライン「寅の日」7年の歩みから(16) #traday #寺田寅彦 | トップページ | 2019年2月(如月)の俳句「歳時記」!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019年2月(如月)の「雲見」は!?:

« オンライン「寅の日」7年の歩みから(16) #traday #寺田寅彦 | トップページ | 2019年2月(如月)の俳句「歳時記」!! »