« 2019年1月(睦月)の「雲見」は!? | トップページ | 【理科の部屋】7がオープン化してスタート!! »

2019年1月(睦月)の俳句「歳時記」!!

_dsc7573
▼我らが寅彦は「俳句の精神」(青空文庫より)のなかに、俳句修業について次のように言っていた。

 俳句の修業はその過程としてまず自然に対する観察力の練磨(れんま)を要求する。俳句をはじめるまではさっぱり気づかずにいた自然界の美しさがいったん俳句に入門するとまるで暗やみから一度に飛び出してでも来たかのように眼前に展開される。今までどうしてこれに気がつかなかったか不思議に思われるのである。これが修業の第一課である。

ナットクである。(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
不勉強省みることなく、私が俳句にこだわる本意がここにある。
「観察力の練磨」

▼今年も引き続き名句を楽しませてもらうところからはじめよう。
 名句の参考にさせてもらうのは

◆NHK「俳句」 テキスト 

である。ここより巻頭名句11句を引用させてもらう。

(1) 初富士を隠さふべしや深庇 阿波野青畝
(2) 初空のなんにもなくて美しき 今井杏太郎
(3) 初暦真紅をもつて始まりぬ 藤田湘子
(4) くれなゐといふ重さあり寒椿 鍵和田秞子
(5) はつ春や金糸銀糸の加賀手毬 田村愛子
(6) まだ誰も来ぬ玄関の注連飾 神尾季羊
(7) 餅花のなだれんとして宙にあり 栗生純夫
(8) 篝火やえぶり摺る影地に長く 吉田千嘉子 
(9) 万両のほかに生家の記憶なし 富安風生
(10) 城に灯が入りかまくらもともるなり 大野林火
(11) 水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし

▼「観察力」に焦点をあてれば名句が名句である所以がわかるというものである。
 さて、無謀にも名句のなかから「シロウト選句」、今年も続けようと思う。

【私の選んだ名句ベスト3】

(9) 万両のほかに生家の記憶なし 富安風生

(3) 初暦真紅をもつて始まりぬ 藤田湘子

(2) 初空のなんにもなくて美しき 今井杏太郎

【次点】

(11) 水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし

 やっぱり名句!! たいしたものだ。

▼まだまだ「俳句もどき」の域を脱することができないが、今年も自分でも作りつづけてみたい。
 そのときも、やっぱり寅彦のコトバが参考になりそうだ。

しかしそれよりも根本的なことは、書く事の内容の取捨選択について積まれた修業の効果によるのではないかと思われる。俳句を作る場合のおもなる仕事は不用なものをきり捨て切り詰めることだからである。(「俳句の精神」より)

 ひとり吟行もいっぱいでかけていきたいな。

 今年の夢は、人生初の「句会」に出席することだ!!

_dsc7603

_dsc7552

_dsc7530


|

« 2019年1月(睦月)の「雲見」は!? | トップページ | 【理科の部屋】7がオープン化してスタート!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019年1月(睦月)の俳句「歳時記」!!:

« 2019年1月(睦月)の「雲見」は!? | トップページ | 【理科の部屋】7がオープン化してスタート!! »