« 【お薦め本】『邪馬台国は「朱の王国」だった』(文春新書 蒲池明弘著) #丹生 #朱 #辰砂 #水銀 #Hg | トップページ | 本日(2018/12/24)、第210回オンライン「寅の日」!!#traday #寺田寅彦 »

『「丹生」を追う』のこれから #丹生 #朱 #辰砂 #水銀 #Hg

Dsc_6949

『「丹生」を追う』はどこまで!?
 こんな面白いこといつまででもやり続けたい。
 とは言っても体力的にも限界はあるだろう。それを考えればやはり ゆっくり急ごう!!

 「これまで」をふまえて「これから」を考えてみたい。

▼思いつくままに「これから」を列挙してみる。
 
(1) Webページ『「丹生」を追う』の充実を図る。
 まずはすぐさま可能なことからはじめてみよう。
・参考文献等の紹介
・参考になりそうなページのリンク集
・関連施設、研究機関等の一覧

 ぜひぜひ情報をよろしくお願いします。<(_ _)>

▼次はやっぱりこれだ!!

(2) 『「丹生」を追う』旅に出たい!!
(a) 奈良・桜井市、宇陀市
(b) 伊勢
(c) 大分・宇佐
(d) 全国各地の丹生神社・丹生の地名が残るところ
(e) 全国の水銀鉱山跡
等々
 あげればきりがなく候補地が出てくる。
 これまでに行った場所も、繰り返し訪れてみたい!!
 ゆっくり ゆっきり 急ごう!!

▼元々の興味に焦点をあててみよう。

(3) 「水銀(Hg)文化」を追跡する!!
 先の『邪馬台国は「朱の王国」だった』(文春新書 蒲池明弘著)に、蒲池氏はたいへん興味深いことを書いていて( ゜o゜)ハッとさせられた。

高校の化学の授業で習った元素の周期表では、水銀は80という原子番号を与えられ、79番の金のすぐ右に置かれています。水銀と金が隣り合っていることに“世界の秘密”めいたものを感じてしまいます。(同書 p174より)

 (゜o゜)ゲッ!!なんということだ。
 恥ずかしながら、私はこの事実を意識的にとらえていなかった。
 「周期表を物質探検の地図帳に!!」とあんなに繰り返し主張してきていながら(^^ゞポリポリ
 
 それだけではない。水銀(Hg)はきわめて不思議な金属なんだ。
 人類が最初に目にした金属単体かも知れない。
 金属文化を語るなら、まずは「水銀文化」を語る必要が。
 金属Hgにこだわる 物質探検の一部として 追跡をつづけよう。!!

 蓮根の植え替えから39週目の大賀ハス観察池。冬至の朝はあたたかった。水面にはくっきりと花茎の姿が映っていた。

_dsc6684


 
 

 

|

« 【お薦め本】『邪馬台国は「朱の王国」だった』(文春新書 蒲池明弘著) #丹生 #朱 #辰砂 #水銀 #Hg | トップページ | 本日(2018/12/24)、第210回オンライン「寅の日」!!#traday #寺田寅彦 »

コメント

はじめまして。(*^-^)
『丹生』についてググッていたらこちらに辿り着きました。
空海が錬金術師だと小耳に挟んだのがきっかけとなり(^^;、『丹生』や『辰砂』に興味を持ちました。
詳しいことはなにもわからないのですが、無知なりに県内(和歌山)の丹生神社を廻り始めたところです。
丹生を追う記事、とても興味深いです。
なにか良い関連書籍はないか、探していたのでとても参考になりました。
また覗きに来ますので、よろしくお願いいたします!

投稿: kaori | 2019/02/27 09:53

kaori さん
コメントありがとうございます。
和歌山の丹生神社を回り始められんたんですね。
面白そうな情報ありましたら、また教えて下さい。
同じ「ふしぎ!?」を追う人間として今後ともよろしくお願いします。<(_ _)>

投稿: 楠田 純一 | 2019/02/27 10:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『「丹生」を追う』のこれから #丹生 #朱 #辰砂 #水銀 #Hg:

« 【お薦め本】『邪馬台国は「朱の王国」だった』(文春新書 蒲池明弘著) #丹生 #朱 #辰砂 #水銀 #Hg | トップページ | 本日(2018/12/24)、第210回オンライン「寅の日」!!#traday #寺田寅彦 »