« 2018年11月(霜月)の「雲見」は!? | トップページ | 【11/23(金・祝)】【理科の部屋】25周年記念オフ案内!!(2018/11/03版) #25thrika »

2018年11月(霜月)の俳句「歳時記」!!

Dscn0485

Dscn0504

▼賢治の「雲見」と寅彦の「宇宙見物」は究極の道楽である!!
 これほど簡単にできて、奥の深い楽しみはない。

 もっとアリガタイ道楽がある。
 俳句である。
 誰もが共通のインデックスである「季語」を使って、その瞬間の景を詠む!!
 
 11月に入ったとたん、空も晩秋を宣言していた。
 夕方には「北風」が冷たかった!!

▼11月(霜月)も名句を楽しませてもらおう。

◆NHK「俳句」 テキスト 

である。ここより巻頭名句11句を引用させてもらう。

(1) 火を焚くや枯野の沖を誰か過ぐ 能村登四郎
(2) 立冬のことに草木のかがやける 沢木欣一
(3) 突堤のあおぞら冬に入りけり  中岡毅雄
(4) 一の酉夜空は紺のはなやぎて  渡邊千枝子
(5) 二の酉に寄らずに乗りし電車かな 松尾隆信
(6) さざん花の長き睫毛を蕊といふ 野澤節子
(7) 茶の花や母の形見を着ず捨てず 大石悦子
(8) よろこべばしきりに落つる木の実かな 富安風生
(9) 土擦つて門ひらかれぬ石蕗の花 鈴木鷹夫
(10) 銀杏ちる兄が駈ければ妹も 安住 敦
(11) 掃かれゆく落葉の中に石の音 上野章子

▼名句のなかから、さらに「お気に入り」を選句してみる。
 これまたなかなか楽しい作業である!!

【私の選んだ名句ベスト3】

(3) 突堤のあおぞら冬に入りけり  中岡毅雄

(8) よろこべばしきりに落つる木の実かな 富安風生

(11) 掃かれゆく落葉の中に石の音 上野章子

【次点】

(10) 銀杏ちる兄が駈ければ妹も 安住 敦

 昨夜選んだのと、今朝選んだのでは順番が入れ替わっていた(^^ゞポリポリ
 俳句のすばらしいと思うのは、読み解きは読者にゆだねられているところだ。
 「ねばならい」より多様な「読み」にこそ価値がある!!
 アリガタイ!!
▼やはり究極の道楽としては、自分でも「俳句もどき」を詠んでみることだ。
 まず、そのためには 詠んでみたい瞬間の景にであうことだ。

 ひとり吟行の旅にも出たい!!
 遠出だけが旅ではない!!それもまた…
 
 さて、今月はどんな景に出会えるだろう o(^o^)o ワクワク

Dscn0511

|

« 2018年11月(霜月)の「雲見」は!? | トップページ | 【11/23(金・祝)】【理科の部屋】25周年記念オフ案内!!(2018/11/03版) #25thrika »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/67337416

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年11月(霜月)の俳句「歳時記」!!:

« 2018年11月(霜月)の「雲見」は!? | トップページ | 【11/23(金・祝)】【理科の部屋】25周年記念オフ案内!!(2018/11/03版) #25thrika »