« 2018年10月(神無月)の俳句「歳時記」!! | トップページ | Twitterはじめて3,301日目に思うこと!! »

今こそ、植物「ヒガンバナ」の葉を観察しよう!! #ヒガンバナ

_dsc8424
▼『日本植物方言集成』(八坂書房 2001.2.28)には、555ものヒガンバナの各地での呼び名が紹介されています。研究者によっては、1000以上の名をあげる人もいるようです。
 この膨大な数の意味するところは何でしょう?
 それはこの植物が、人々の暮らしの身近にあったということでしょう。昔の人々もきっちりとヒガンバナを観察していました。それは、次のような呼び名からよくわかります。
「ハッカケバナ」
「ハッカケ」
「ハコボレ」
等々です。その極めつけが

「ハミズハナミズ(葉見ず花見ず)」

です。たいした観察眼です。 

▼今、私たちがヒガンバナを見て、すぐさま不思議に思うことにやっぱり気づいていたのです。
 「りっぱな花が咲くのに葉がないではないか?」と。
 でもほんとうに葉はないのでしょうか?
 花茎を一日で10㎝をのばすエネルギーはどこからやってくるのだろう?
 そのエネルギーをどのように蓄積したのだろう?
 どう考えても
 植物「ヒガンバナ」に葉がないなんて考えられないです!! 

▼花が萎れ始めた今こそ、植物「ヒガンバナ」の観察が始まるのです。

  花茎の足元に緑あざやかな葉が観察できるのです!!

 花茎の足元だけではありません!!
 少し離れた場所から、葉がいっぱい続々と!!
 少し遅れん坊の花は今が盛り!!
 今こそ、期間限定で

「ハミルハナミル(葉見る花見る)」

が観察できるのです。

▼期間限定の観察が終わっても、植物「ヒガンバナ」の葉をときどき観察しつづけてみよう。
 やがて畦、土手の草花は枯れてしまい。
 植物「ヒガンバナ」の葉が、畦、土手を独り占めしてしまうだろう。
 冬の太陽を独り占めして、栄養をたっぷり球根(鱗茎)に貯め込んでいくだろう。
 来年の春になって他の草花が芽を出すころ葉は枯れていくのだ!!

 なんとみごとな戦略だ!!

 さあ、今こそ植物「ヒガンバナ」の葉を!!
 
_dsc8447

_dsc8452

_dsc8361

_dsc8322

|

« 2018年10月(神無月)の俳句「歳時記」!! | トップページ | Twitterはじめて3,301日目に思うこと!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/67240758

この記事へのトラックバック一覧です: 今こそ、植物「ヒガンバナ」の葉を観察しよう!! #ヒガンバナ:

« 2018年10月(神無月)の俳句「歳時記」!! | トップページ | Twitterはじめて3,301日目に思うこと!! »