« Webテキスト『天気の変化』はどこまで!? #天気 #Webテキスト  | トップページ | 六甲山地はどうやって生まれたか(2) »

六甲山地はどうやって生まれたか(1)

Dscn5646
▼出かける前にひとつのメールが入っていた。

「芦屋から、奥池まで、バスまたは車で来られると思いますが、通る道の傾斜を感じながら来ていただきたい、ということです。山に入ると急斜面をヘアピンカーブで登り、しばらくすると急に平らになるのがわかります。六甲山の成り立ちと関係しますので、ぜひ実感しつつ奥池まで来ていただきたい。時間的には短いですので、おしゃべりをしていると気づかないかもしれません。」

▼見逃してはなるまい!!
とバスの車窓から外の景色のうつりかわりに注意していた。
 確かにヘアピンカーブが多い。
 それがわかった。そして平らとなりそこに奥池があった。
 カーブの数までは数えることができなかった。研修会のなかで、その数は13あると教えられた。
 カーブごとにプレートがつけられているとも。
 帰りの車では、みなさんとカウントしながらおりた。
 確かに!!
Dscn5647

Dscn5649

Dscn5653

▼出かける前に、私は古びた二冊の本を本棚からひっぱり出してきた。
 荷物になるとは思いながらも、カバンに入れた。列車の中で、それを少しだけ読んでみた。
 面白い!!
 その一冊は

◆『変動する日本列島』(藤田和夫著 岩波新書 1985.6.20)

である。思い出の多い一冊である。
「近畿トライアングル」を教えられ
「山崎断層」をより意識的にとらえさせてくれた本である。
 また、1995年の兵庫県南部地震の後、いちはやく

 【理科の部屋】オンライン学習会第2期(1995.4~1995.10)のテキスト

としてとりあげた本でもあった!!

▼もう一冊は、上記書をより詳細に語ったものだった。

◆『日本の山地形成論~地質学と地形学の間~』(藤田和夫著 蒼樹書房 1983.4.30)

 もちろんページをめくった記憶がある程度で、すべてを理解しているわけではなかった。
 わからないままであるが、読んでいたく感動した記憶だけ鮮明にある。
 どこに感動したのだろう!?
 今回、その少しがわかるかも知れないと思いながら研修を受けた。

(つづく)

Dscn5682


|

« Webテキスト『天気の変化』はどこまで!? #天気 #Webテキスト  | トップページ | 六甲山地はどうやって生まれたか(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六甲山地はどうやって生まれたか(1):

« Webテキスト『天気の変化』はどこまで!? #天気 #Webテキスト  | トップページ | 六甲山地はどうやって生まれたか(2) »