« 六甲山地はどうやって生まれたか(2) | トップページ | 『智恵の楽しい実験・工作展』は愉しい!! »

極地方式研究会に学ぶ!!(1)

_dsc1249

▼標高約500mに位置する奥池は、下界の連日の猛暑がうそのように涼風が吹いていた。
  それに誘われ朝の散策にでかけたみた。
  もう栗の実がみられるようになっていた。

▼そんな快適な場所で
 
◆ 極地方式研究会 第49回定期研究集会

が行われた。
 私自身の年表覚え書きを見返してみたら、今回がちょうど10回目の定期研究集会参加だった。

▼私にとっては、「極地方式研究会」とは今もなおとても魅力的な研究会であった。
 けっしてすぐれた実践をしてきたわけではないが、そこから学んできたこと計り知れないほどに大きい!!
 たとえば、
 【理科の部屋】設立のときには、
 
 ◆【理科の部屋】とは

のなかで、「中学理科サークル通信ノート」の高橋金三郎先生のコトバを引用させてもらったりもしていた。
▼直接的な現場をはなれた今も惹かれるのはなぜだろう。
 その最大の魅力は何と言って、忌憚なくお互いの実践を出し合い

 学び合い・高め合おうとする「作風」!!

 だろう。
 今回も多くのレポートで興味深い実践を聞くことができた。
 ますますゆっくりなってきた私は、少し時間がかかるが、しばらく反芻作業をくりかえしてみたい。

(つづく)
_dsc1284

_dsc1258

_dsc1267

 


|

« 六甲山地はどうやって生まれたか(2) | トップページ | 『智恵の楽しい実験・工作展』は愉しい!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 極地方式研究会に学ぶ!!(1):

« 六甲山地はどうやって生まれたか(2) | トップページ | 『智恵の楽しい実験・工作展』は愉しい!! »