« 六甲山地はどうやって生まれたか(1) | トップページ | 極地方式研究会に学ぶ!!(1) »

六甲山地はどうやって生まれたか(2)

Dscn5846

▼フィールドワークは展望台からはじまった。
・奥池
・大阪平野
・大阪湾
・甲山

 説明を聞きながら聞きながら眼下の風景を眺めていると、昨夜聞いた「六甲山誕生物語」が「ほんとうだ!!
」と思えてくるのだった。

Dscn5842

Dscn5837

Dscn5800

Dscn5850

▼「物語」がよりリアルに信憑性を持つためには、それを裏付ける証拠が必要だった。
 「鍵層」とよばれるものだ。
 標高約500mの奥池周辺に「大阪層群」を見つければ、これは強力な証拠になる。
 「露頭」と言われて勝手に想像してしまうのは、垂直に立った崖の地層であった。
 しかし、今回 「ここに大阪層群が…」と案内してもらった場所は地面だった!!
 「海底で堆積した地層が…」
 この高さにある!!そのドラスティクな「物語」を想像しながら、この岩石を触ってみると、なんとなくその気になってくるから不思議だ。

Dscn5881

_dsc1115

_dsc1100

_dsc1085

_dsc1087

▼六甲山と言えば「花こう岩」だ。
 一口に「花こう岩」と言ってもいろいろなものがあった。
 「花こう岩」は風化が激しかった。風化すればボロボロになり「真砂」になる。
 「白砂青松」と言えばいいが、水害となるとたいへんだ!!
 この度の西日本豪雨でも何度も聞いた言葉だ。
 それがよくわかる「現場」に行ってみた。

_dsc1160

_dsc1169

_dsc1181

_dsc1189

_dsc1211

▼最後に、「ごろごろ橋」を通って、「五助橋断層」を見渡せる場所に行った。
 「あそこに、この方向に五助橋断層が走っているのです。」
 と説明を聞いてわかった。
 これまた、その気になって見ているとナルホド (゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
 となる。

 プロに案内してもらうフィールドワークは楽しいもんだ。
 深謝<(_ _)>

Dscn5906

Dscn5909

Dscn5914

Dscn5916

Dscn5926

|

« 六甲山地はどうやって生まれたか(1) | トップページ | 極地方式研究会に学ぶ!!(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六甲山地はどうやって生まれたか(2):

« 六甲山地はどうやって生まれたか(1) | トップページ | 極地方式研究会に学ぶ!!(1) »