« 【理科の部屋】25年の歩みとは!?(20) #【理科の部屋】 #25thrika | トップページ | 2018年8月のオンライン「寅の日」は #traday #寺田寅彦 »

39号コウガイビルはたった半日で消えてしまった!! #コウガイビル

_dsc9573
▼まだまだ灼熱地獄が続いていた!!
 それを見たのは昨日(2018/07/18)の朝の散策であった。
 別の田んぼの「落とし」にそれを見た。
 前日にあの39号コウガイビルが「水浴び」をするのを観察していただけにそれがコウガイビルであることはすぐにわかった。特徴的な逆三角形の頭部のかたちがかろうじて確認できただけになおさら確信が持てた!!
 しかし、もう動きはとめていた!!
 もはや生命活動は停止していたのだ!!

 ここでひとつのシロウトならではの作業仮説が生まれた!!
 
 コウガイビルは最大の敵=「高温」に対して、最終手段として「水浴び」をする!!

▼農業用冷蔵庫に入れた39号コウガイビルのことが気になった!!
 ナイロン袋を取り出してみた。
 「不安」はやっぱり的中した。
 すでに生命活動を停止していた!!
 辛うじて、全体の姿を確認できる程度にまでなっていた。

 見る見るうちにとろけるように姿がわからなくなってしまった!!
 午前中には 「茶色く濁った液」だけになってしまった。

_dsc9589

_dsc9605

_dsc9609

_dsc9615

_dsc9662

▼これまでに何度も観察した変化だ。
 何が起こっているのだろう!?
 エサなしで385日も生きのびるのも「ふしぎ!?」だが、こうして消えてしまうのもやっぱり「ふしぎ!?」だ。
 
 「生命活動」における温度の臨界点があるのだろうか?
 「生命活動」を停止した後、細胞レベルでは何が起きているのだろう?
 分子レベルでは!?
 他にこんな生きものはいるのだろうか?

▼夕方の散策では、アスファルトの道路に累々と横たわるミミズの死骸を見た!!
 土中の高温に耐えきれず這い出してきたのだろうか?
 水を求めての逃避行だったのだろうか?

 「生命活動」を停止したあとの姿がコウガイビルとはちがっていた。
 かわいそうであるが、まだ死骸は見えた!!
 どこがちがうの!?
 それはなぜ!?

 やっぱり寅彦のあのコトバを使いたくなってくる。

 「ねえ君、不思議だと思いませんか?」

Dscn3199

Dscn3222

|

« 【理科の部屋】25年の歩みとは!?(20) #【理科の部屋】 #25thrika | トップページ | 2018年8月のオンライン「寅の日」は #traday #寺田寅彦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 39号コウガイビルはたった半日で消えてしまった!! #コウガイビル:

« 【理科の部屋】25年の歩みとは!?(20) #【理科の部屋】 #25thrika | トップページ | 2018年8月のオンライン「寅の日」は #traday #寺田寅彦 »