« 私の「科学」雑話(17) | トップページ | 【Web更新4/08】18-14 「サイエンスコミュニケーター宣言」 等 更新!! »

私の「科学」雑話(18)

Dscn8405
▼私は「久米通賢」を追っての旅の余韻のなかにいた。
 それにして私は、自分のラッキーさに驚き感動してしまうのだった!!
 思いつきで向った坂出で、いきなりもっとも求めていた情報を手にいれたのだから…
 ◆鎌田共済会 郷土博物館の方のコピーしてくださった資料とは次のようなものだった。

◆「わが国最初の国産燐寸(マッチ) 」(大阪久米通賢顕彰会 澤田平)
 (『史友』坂出市文化協会郷土史部会発行 73号(2017.6.1) 74号(2017.12.1)より) 

◆「ドンドロマッチ」(「久米通賢の銃砲」澤田平 著 H14刊 より)

 これぞ今、最も知りたいことだった!!
 今、反芻作業をくり返しながらゆっくりと読ませてもらっている。
▼とても気をよくして郷土博物館を出た。出たときはあいにくの雨になっていた。
 出るときにこれまたくわしくていねいに教えてもらった「久米通賢を訪ねて」(ゆかりの地巡り)プランは次回訪問のお楽しみにしておこう。
 予定していた第二の目的地に向った!!

◆四国村

 「来たことのある 初めての場所」うまい!!
 見どころいっぱい、一日ゆっくりしていてもあきないようなところだ!!
 しかし、その楽しみは機会をあらためよう。
▼主目的は、はっきりしていた。
 そこに「久米通賢旧宅」が移築されてあるからだ!!

 四国村は広かった!!それに雨の中だった!!
 やっとたどり着いた!!
 墨で書いた表札の文字はうすれていた。しかし、それはなんとか「久米栄左衛門」と読めないこともない。
 縁側、土間、天井、臼、中庭…
 ずっとずっとここにいたい気分になる。
 外に出てふり返ったら、屋根にかかる雨の木蓮がとてもきれいだった。

 四国村でまだ通賢関連で見るべきモノもあったようだが、これまた次の機会としたい。

Dscn8536

Dscn8516

Dscn8464

Dscn8522

Dscn8475

Dscn8477

Dscn8484

Dscn8485

Dscn8500

Dscn8507

Dscn8509

Dscn8496

Dscn8545

▼帰りの列車のなかでは郷土博物館で手に入れた

◆『もっと知りたい! 久米通賢』(久米通賢研究会編 (財)鎌田共済会 発行)

Dscn8597

をずっと読んでいた。実にわかりやすくていねいにまとめられたいい本だ!!
ちょっとした「通賢」ツウになってしまいそうだ。

 津山の宇多川榕庵につづいて、讃岐の久米通賢のへの旅も収穫の多いものとなった。
 お世話になった方々に感謝するばかりである。

 気まぐれに「マッチ一本火事の元!!」をもじって名付けた本研究のタイトル
 「マッチ一本 化学の元!!」
 は、どうも大きく的をはずしていないように思えてきた。
 さて、次は…。

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから2週目だった。
 浮き葉の芽が顔を出そうとしていた。

_dsc1148

|

« 私の「科学」雑話(17) | トップページ | 【Web更新4/08】18-14 「サイエンスコミュニケーター宣言」 等 更新!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の「科学」雑話(18):

« 私の「科学」雑話(17) | トップページ | 【Web更新4/08】18-14 「サイエンスコミュニケーター宣言」 等 更新!! »