« 私の「科学」雑話(16) | トップページ | 私の「科学」雑話(18) »

私の「科学」雑話(17)

Dscn8147

Dscn8145

久米通賢を追って坂出へ!!
 それは以前から計画したことではなかった。前日になってきめたことだった!!

●1839 (天保10)年 高松藩士、久米通賢(くめつうけん)栄左衛門がドンドロ附木、吹弾子(雷汞(らいこう)マッチ)を発明。史実としてはわが国最初の国産マッチの発明。

えっ!? 久米通賢さんって ?(゜_。)?(。_゜)?
その程度の認識だった。「青春18きっぷ」の使える期限が迫っていた。
時刻表で調べてみると、坂出ならけっこう簡単に行ける範囲だ。

7:16福崎駅発→10:10坂出駅着 2時間54分 JR 営業距離 156.2㎞

▼坂出駅でさっそく出迎えてくれたのは久米通賢翁だった。
 JR坂出駅北口の
 
 「久米通賢翁と入浜式塩田」のレリーフ

 が坂出における「通賢(つうけん)さん」の偉大さを物語っていた。
 レリーフの下に「鎌田共済会 郷土博物館」の案内があった。
 そこが第一目的地だった。
▼道に迷うことなくすぐついた。ありがたいことにまだ雨は降っていなかった。

◆鎌田共済会 郷土博物館

なんとも趣のある歴史を感じさせる博物館だ。
目的の久米通賢関係資料(国指定重要文化財)が集中して展示してあった。
こんなすごいところが「無料」とは驚きだ。
「星眼鏡」(通賢自作の天体望遠鏡)
「地平儀」
「オクタントフ」(バーニア副尺が付いている (゜o゜)ゲッ!!)
「象限儀」
「自然水」(じねんすい 通賢はすでに永久機関は不可能を認識していた!?)
「磁鉄鉱」(興味を持って手に入れたようだ)
「測量器具・地図」
「百目玉筒「百敵砲」」等々
ひとつ見せてもらうたびに驚くばかりだった!!
こんな凄い人がいたのか!! 

▼実は館に入るなり入口で、唐突で失礼な質問をしていた。
 「実は、シロウトながらマッチの歴史について調べています。久米通賢さんが日本最初の国産マッチを発明したということを知り、たいへん興味を持ちこちらにやってきました。とつぜんなんですが、それに関するような資料は…?」
 自分で質問しながらも半信半疑だった。
 対応してくださった方の答えに驚いた!!

 「ああっそれなら、大阪の澤田先生をご存じですか?」
 「?(゜_。)?(。_゜)? いいえ存じ上げませんけれど」
 「ちょっと待ってください」と言って資料をさがしてきてくださった!!
 そこには

 「わが国最初の国産燐寸」の記事が… 

 それをコピーまでしていただいた。アリガタイ!! 深謝

(つづく)

Dscn8144

Dscn8156

Dscn8179

Dscn8174

Dscn8172

Dscn8185

Dscn8198

|

« 私の「科学」雑話(16) | トップページ | 私の「科学」雑話(18) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の「科学」雑話(17):

« 私の「科学」雑話(16) | トップページ | 私の「科学」雑話(18) »