« 【Web更新3/4】18-09 「サイエンスコミュニケーター宣言」 等 更新!! | トップページ | 私の「科学」雑話(9) »

私の「科学」雑話(8)

Dscn5885
「マッチ箱一箱には何本ぐらいのマッチが入っているのだろう?」
 こんな疑問は簡単だった。数えてみれば良かった。
 45本あった!! 同じ種類のマッチ箱でもうひとつ数えてみた 49本あった!!
 マッチ箱の種類を変えてみた。今度は 47本だった!!

 これって何本入れるときまっているのだろうか?
 ◆「マッチの種類}(姫路のモノづくり・電子じばさん館)
には、 平均の本数 44本 !! と書いてあった。
納得である。(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
▼まだ簡単には解決しない疑問があった。
「ファラデーは『ロウソクの科学』(1860年)で何を使って火をつけたのだろう!?」 
である。状況証拠的にはけっこう追い詰めていた。
 しかし、まだ決定的な証拠をみつけていないのだ。
 
▼「マッチ」とファラデー『ロウソクの科学』に今しばらくこだわってみよう。
・マッチの原材料になるものの燃焼(リン、イオウ、塩素酸カリウム、硫化アンチモンなど)については出てくるのに「マッチ」そのものの記述がないのはどうして?
・ロウソクについてあんなにくわしく語っているのに?
・「つけ木」と言われているものは?
・「マッチの語源は『蝋燭の芯』という意味である。」(Wikipedia)興味深い情報だ!!
・ロウソクとマッチの関係は?

▼今一度年表をあげてみよう。(マッチの歴史(マッチの世界 日本燐寸工業会)より)

●1805 年 フランスのJ.シャンセルが浸酸(しんさん)マッチ、即席発火箱(French Fire Machines )を発明。
●1827 年 イギリスの薬剤師J.ウォーカーが摩擦マッチ、ウォーカーマッチ(Friction Lights )を発明し、販売。
●1831 年 フランスの化学者C.ソーリアが黄りんマッチを発明。
●1845 年 オーストリアのA.V.シュロッターが赤りんの精製に成功。
●1851 年 イギリスのオールブライトが純度の高い赤りんで作られた赤りんマッチを第1回ロンドン万国博覧会に出品。
●1855 年 スウェーデン、イェンシェピング社のJ.E.ルンドストレームがスウェーデン式安全マッチを発明、特許取得。
●1860年 『ロウソクの科学』
●1865 年 イギリスのブライアント・アンド・メイ社が安全マッチを製造、販売。

問題はかなり焦点化されてきた。

ファラデーが「安全マッチ」を使ったかどうか!?

だ。

(つづく)

Dscn5927


|

« 【Web更新3/4】18-09 「サイエンスコミュニケーター宣言」 等 更新!! | トップページ | 私の「科学」雑話(9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の「科学」雑話(8):

« 【Web更新3/4】18-09 「サイエンスコミュニケーター宣言」 等 更新!! | トップページ | 私の「科学」雑話(9) »