« 本日(2018/03/23)、第187回オンライン「寅の日」!!#traday #寺田寅彦 | トップページ | 2018年・大賀ハス蓮根の植え替えをした!! #大賀ハス »

サイエンスコミュニケーター宣言(397)

_dsc0086

 つくし

作詞 /五十野惇、作曲 /早川史郎


(1)
つくし
だれの こ
すぎなの こ

(2)
つくし
はるです
あそぼう よ

 土手の土筆の大群を見ているとあの童謡を思いだした!!
 それにして なんとも ダイレクトな!!
 そして 理科的な!!
 はじめて知ったときは感動的ですらあった!!

 土筆で感動と言えば、「胞子(つくし)のダンス」のYouTube初挑戦も感動だった。

 

▼ちょっと途切れていた。サイエンスコミュニケーターとしての「現在地」を問う作業つづけよう。
次の座標軸は

(4) あらたな理科教育コミュニティの構築!

 「理科教育コミュニティ」と聞いて、私がいちばんに想起するのはやはり【理科の部屋】のことだった。

 【理科の部屋】は今年で25年だ!!

◆【理科の部屋】とは

▼久しぶりに読み返してみた。
 当時の熱い思いが蘇ってくる。思いばかりが先行する乱暴な文章だ!!

  『情報は、発信するところに集まる。』 と唱えてきました。これは、これまでの教育研究運動のコペルニックス転回で あり、一大パラダイムの転換です。  つまり、これまでの情報の「受信者」が、「発信者」に変わっていくのです。 じつは、ほんとうに必要な情報は「発信」するところに集まってくるのです。  先行する実践者の報告を、ありがたく聞くだけが研修(研究)ではないので す。 (先行するすぐれた実践からは大いに学ぶべきです。そこからしか、私たちの 研究活動は出発しないのも事実なのですが)自分の実践をどんどん発信するの です。

▼でも、私にはここにこそ「あらたな理科教育コミュニティ」構築のヒントもあるような気がしてならないのだが…。
 しかし、一方では「これまで」にとらわれることなくまったく「あらたな」可能性をさぐりたい気持ちもある。
 
 「不易流行」追求をしたいのだ!!

ホンモノの「流行」は「不易」を内包する!!
ホンモノの「不易」は「流行」を創造する!!

(つづく)

|

« 本日(2018/03/23)、第187回オンライン「寅の日」!!#traday #寺田寅彦 | トップページ | 2018年・大賀ハス蓮根の植え替えをした!! #大賀ハス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイエンスコミュニケーター宣言(397):

« 本日(2018/03/23)、第187回オンライン「寅の日」!!#traday #寺田寅彦 | トップページ | 2018年・大賀ハス蓮根の植え替えをした!! #大賀ハス »