« 【Web更新3/14】18-10 「サイエンスコミュニケーター宣言」 等 更新!! | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(395) »

サイエンスコミュニケーター宣言(394)

_dsc9414
▼ついに前の竹藪に椿がやって来た\(^O^)/
 例年より三週間ばかり遅れている。咲き始めればいっきょに季節がうごくのである。
 椿と言えば、東大寺二月堂の椿だ。
 今年は、「お水送り」も「お水取り」も行かないあいだに終わってしまった!!

 せめて落ちた椿の「うつ伏せ」「仰向き」を数えたい。
▼もう半月で、サイエンスコミュニケーター7年目が終わる。
 
 サイエンスコミュニケーターとしての「私」は今どこにいるのだろう!?

 いつもの「現在地」検証のための5つの座標軸をひっぱりだしてくる。

(1) 道楽的「科学」・道楽的「理科」の追求!
(2) サイエンスイベント・ムーブメントに参画する。
(3) 中学校「理科」カリキュラム全課程実践的検討!!
(4) あらたな理科教育コミュニティの構築!
(5) 日本理科教育史を現在進行形のかたちでまとめる 

▼半月のあいだに「現在地」確認の作業を終え、サイエンスコミュニケーター8年目展望の作業にかかりたい。
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

まずは
(1) 道楽的「科学」・道楽的「理科」の追求!

なぜ「道楽的」なんてしたんだろう!?
その前に久しぶりに私の「○○の科学」遍歴をふり返ってみよう。
 私はそのときどき最もお気に入りの「科学」に「○○の科学」と名づけそれの具現化をめざしてきた。
 思い出すままにならべてみる。

・「常民の科学」 (『常民の科学』を授業に!!
・「ファラデーの科学」
・「デクノボーの科学」(賢治の科学)
・「萃点の科学」(熊楠の科学)

そして みつけた!! もっともピッタリとくるものを!!

・「等身大の科学」

だ。これは今も、最もお気に入りかも知れない。
 しかし、少し満足できない点が出てきた。「等身大」と言っても、ひとはそれぞれ自分の「等身大」をもつ!!
 それにこそ価値があり、面白いのではないか。
 次に到達した「科学」は

・「私の科学」

デアル!!
▼私は、この「私の科学」をこれでもかというほど多用するようになった。
 「私の科学」こそが面白いと力説するようになった。
 そこに「私の科学」があるかないかが、私の評価の判断基準になった!!
 これこそが「○○の科学」遍歴の終着駅かと思った。
 しかし、それは違っていた!!
 最近最も気に入っているのは

・「共愉の科学」

 「共に愉しむ科学」
 「共愉(conviviality コンヴィヴィアリティ)の科学」 だ!!
 ここにこそ「科学」の本質がある。

 「道楽的」も共愉にツナガルものでありたい。

(つづく)
_dsc9423

_dsc9437

_dsc9440

|

« 【Web更新3/14】18-10 「サイエンスコミュニケーター宣言」 等 更新!! | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(395) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイエンスコミュニケーター宣言(394):

« 【Web更新3/14】18-10 「サイエンスコミュニケーター宣言」 等 更新!! | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(395) »