« 私の「科学」雑話(13) | トップページ | 私の「科学」雑話(15) »

私の「科学」雑話(14)

Dscn7463
▼私はまだその小さな旅の余韻のなかにいた。
 「友の会」の会員にしてもらったおかげで、過去の機関誌『洋学資料館』をいただいた。
 それを机の上にならべ、読ませてもらいながらこれまでの取り組みを愉しませてもらった!!
 今では、PDF版も用意されているのでいつでも参照できるのがアリガタイ!!

◆機関誌『洋学資料館』(PDF版)

▼催し物(予定)を見ていたら、夏休み8月にたいへん興味深いことが書いてあった。

■江戸時代の化学書からの再現実験教室

 もちろん、ここで言う「江戸時代の化学書」とは榕庵の『舎密開宗』であろう。
 実際これまでも楽しい実験教室が展開されたようだ。
 たいへん興味深い!! 面白そうだ!!
 榕庵自身『舎密開宗』をまとめるときにはけっこう再現実験を楽しんだようであるから、榕庵の志を継承することにもなるのだろう。

◆洋学博覧漫筆 Vol.23 榕菴の温泉試説

▼それにしても榕庵のマルチぶりはたいしたものだ!!
想像するだけでも、愉しくなって来そうだ。

◆洋学博覧漫筆 Vol.15 榕菴と植物学の出会い

◆洋学博覧漫筆 Vol.18 榕菴の和蘭カルタ

◆洋学博覧漫筆  Vol.20 榕菴と西洋の音楽

(゜o゜)ゲッ!! どこまで…。

▼この小さな旅の主文脈にもどろう!!

・宇多川榕庵が『舎密開宗』(1837年)で触れたマッチとは?その詳細は?

 そう!!マッチを追うことこそが私の主文脈だったのだ。

◆『舎密開宗―復刻と現代語訳・注 (1975年)』
  (講談社 宇田川 榕菴 (著),田中 実 (著))

からコピーしてもらった。
「第百三十章 燐の燃焼性」の部分を読んで感心してしまった!!

とてもわかりやすい!!

これなら私にも『舎密開宗』が読めるかも!!

 この小さな旅は、大きな大きな決断にツナガッタ!!

いつでも読めるように手元に置いておきたい!! この本を手に入れよう!!


(つづく)

Dscn7468

Dscn7470

Dscn7479

Dscn7484

Dscn7500


|

« 私の「科学」雑話(13) | トップページ | 私の「科学」雑話(15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の「科学」雑話(14):

« 私の「科学」雑話(13) | トップページ | 私の「科学」雑話(15) »