« 私の「科学」雑話(3) | トップページ | 今年も実生ヒガンバナに挑戦だ!!(2018/02/23) #ヒガンバナ »

私の「科学」雑話(4)

_dsc7625
▼「Wコップの氷」の「ふしぎ!?」をまだまだ追っていた。
 しかし、その期間限定の限度が迫っていた。アメダスの記録では最低でも-0.1℃となってしまった。
 ずっと続けている紙コップとガラスコップのWコップの場合は、もうあの「根毛のようなもの」「逆さ透明プリン」は見られなくなった!!
 透明プラスチックコップばかりのWコップでは、上のコップに氷はできかけていたが、下のコップではまったくその気配はなかった。

 その様子を見ながら、とんでもない「仮説」を立ててみた!!
 まず大前提を疑ってみた。
 「根毛のようなもの」を最初に見たときは驚いた。私はきっと氷ができるときの一過程だと思い込んでしまった。霜柱を一緒に観察したことも関係しているかも知れない。

 「根毛のような」ものはほんとうに氷なんだろうか!?

 ここでアタリマエをいくつか。
・氷は水の「結晶」である→「結晶」は透明である→透明では見えないハズ!!
・「根毛のようなもの」は見える→純粋な氷ではないのでは!?
・では「根毛のようなもの」はなにか!?
そこで、大胆に「仮説」だ!!

 「根毛のような」ものの正体は水にとけていた「空気」デアル!!

 「逆さ透明プリン」の正体はまだ氷になっていない「水」デアル!!
 
ずっと放置しておいWコップの水から、暖かくなって「空気」が出て行ってしまった。
ダカラ…!!。

_dsc7638

_dsc7655

▼冷たい話から「高温」の話にもどって
 思いつくままに「マッチ」使用の具体的授業の一コマをあげるのを続けよう。
 同じく、【三態変化】の授業からあげてみよう。

(2) 流れる食塩でマッチに火を!!

「高温」であることをマッチに火がつくことで実感するのである。
これまたひとり一回は「体験」しておきたい実験である!!

▼次に本命中の本命とも言える【化学変化】の授業で見てみよう。

(3) FeとSの「化合」は発熱反応であるを、マッチで確認する!!

赤くなくなっても、かなりの「高温」であることをマッチに火がつくことで実感するのである。
これもまたひとり一回は「体験」しておきたいこと。
「発熱」反応は強く印象づけられるハズだ。

▼「高温」を印象づける小道具としての「マッチ」使用例が続いた。
 本来の「着火道具」としてのマッチの使用は当然すぎるほど当然だ。
 これをライターに変えてしまうことは、とても残念である。
 貴重な「化学」体験を奪ってしまうことになる。

 とりわけ「気体」確認にはやっぱりマッチなのである。

(4) 「気体」確認にマッチを使用する。
         水素の燃焼はマッチで!!
    
水素入りシャボン玉への着火はやっぱりマッチが面白い!!
水素か酸素かの判定はやっぱりマッチと線香だ!!
簡単便利本質的!!をわざわざ手放す必要はない。

まだまだいっぱい具体例はありそうだ。思いだしたらまたつづける。

マッチ棒一本ではじまる化学の世界!!

大いに楽しみたいものだ!!

(つづく)


 

|

« 私の「科学」雑話(3) | トップページ | 今年も実生ヒガンバナに挑戦だ!!(2018/02/23) #ヒガンバナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の「科学」雑話(4):

« 私の「科学」雑話(3) | トップページ | 今年も実生ヒガンバナに挑戦だ!!(2018/02/23) #ヒガンバナ »