« 【Web更新1/14】18-02 新・私の教材試論 等 更新!! | トップページ | 1.17 あれから23年の歳月が!!そして… »

新・私の教材試論(122)

Dscn4567
▼一昨日は「とんど」!!
 昨日は「小正月」!!
 季節は休むことはなくどんどん過ぎていく。
 ひとつの季節は次なる季節をいつも孕んでいた。
 
 「小正月」の畦に「ホシノヒトミ」「タンポポ」が…

▼何度か季節めぐれば「記憶」はうすれ消える。
 しかし、「記録」は残る。

 「教材の入手・開発について」語った「記録」が残っていた。

◆「連載:私の教材論(1)~(10)」

▼「発信」は25年ほど前のものだった。
 しかし、元々の原文は30年前の「記録」だった。

 そこにはこう書いていた。
----------------------------------------------------------------------

教材の入手・開発の鉄則
(1) 先行する実践から貪欲に学ぶ。
(2) 校区(地域)の○○屋さんとは、仲良くしよう。
 ・ 教材屋さんだけに教材があるのではない。 
 ・ ○○さんは、その道のプロである。
  肉屋さん、魚屋さん、花屋さん、農協、おもちゃ屋さん、薬屋さん、電気
  屋さん、雑貨屋さん、豆腐屋さん、スポーツ用品店、仏壇具屋さん等など
 ・スーパー、○急ハンズ(これはすごい、一日居ても飽きない宝庫)、日曜
  大工の店、このあたりはさしずめ○○屋さんのダイジェスト版というとこ
  ろであろうか。
 ・生産・労働の現場=町工場、鉄工所、農家、漁師等など。
(3) 職業別電話帳は「必携の書」である。
(4) 仲間、子供と一緒にやる。 
 ・仲間や、子供たちと一緒にやっていると、ひとりでやっていて見えないも
  のが見えてくるものである。あらたな「工夫」「開発」が生まれたりする
  ものである。
(5) 教材の入手先・方法・授業での位置づけ等をリストアップし、データべ
  ース化をする。
これが、「共有財産」化への道でもある。


----------------------------------------------------------------------

▼30年後の今、これを2018年版に更新するにはどこをどう書き変えればいいだろう。
 書き換えの必要のないところはどこだろう?
 
 当面の宿題が見えてきた!!

(つづく)

Dsc_5588

Dsc_5614

Dsc_5622


|

« 【Web更新1/14】18-02 新・私の教材試論 等 更新!! | トップページ | 1.17 あれから23年の歳月が!!そして… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新・私の教材試論(122):

« 【Web更新1/14】18-02 新・私の教材試論 等 更新!! | トップページ | 1.17 あれから23年の歳月が!!そして… »