« 私のヒガンバナ研究・その後(10) #ヒガンバナ | トップページ | 私のヒガンバナ研究・その後(12) #ヒガンバナ »

私のヒガンバナ研究・その後(11) #ヒガンバナ

Dscn3111
▼今一度、昨年度までと比較対照するため今年回収した「自然結実」ヒガンバナの種子をテーブルにならべてみた。「自然結実」ヒガンバナの群落ごとにならべた。

【2017年】 31個

【安富】 4個 (内訳 花茎採集10/25 種子回収日12/5)

【夢前】 7個 (内訳 1個10/17 -12/5 6個10/25-12/5)

【福崎】 20個 (内訳 2個10/17-12/5 1個10/25-11/11 17個10/25-12/5)

▼「自然結実」群落発見以降の5年間をふり返ってみよう。

【2013年】10個以上正確には不明 「安富」群落発見で喜んでしまい散逸

【2014年】30個 「夢前」群落発見、「安富」群落なし

【2015年】69個 「福崎」群落発見、「福崎」63個が目立つ

【2016年】73個 再び「安富」33個が目立つ

▼もはや、たまたまの偶然などではない!!

 ヒガンバナ「自然結実」は想像以上に、高頻度に起こっている!!

そう結論づけても「非科学的」とは言えないのではなかろうか。
ではどうして「めったにない」と言われ続けてきたのだろう!?

現段階での私の「仮説」はこうだ!!
【仮説その1】
・誰も「あるもの」として本気で探さなかった。
・現に私も2013年11月まで捜しまくっていたが、どこか半信半疑だった。群落を見てからは「あるもの」として探し始めた。
・「自然結実」の時期が、10月下旬~11月中旬と、ヒガンバナの存在など意識されない時期である。
・そこで結論だ。

 「あるもの」として探せば誰でもみつけることができる!!

▼最終的に回収した「種子」を私は「完熟種子」と呼んできた。
 しかし、これではすべてが「発芽」する種子のように誤解されるのではと、栗田子郎先生からアドバイスをもらった。そこで、これからはただの「種子」とすることにした。
 また「発芽」することもあったので、「種子もどき」ももうやめにする。

さあ、来年の春まで冷蔵庫で眠らせよう。
今年は、枯れた花茎も「証拠品」「記念品」として保存して置くことにする。

(つづく)

Dscn3130

Dscn3136

Dscn3118

Dscn3144

Dscn3151


 

 

|

« 私のヒガンバナ研究・その後(10) #ヒガンバナ | トップページ | 私のヒガンバナ研究・その後(12) #ヒガンバナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私のヒガンバナ研究・その後(11) #ヒガンバナ:

« 私のヒガンバナ研究・その後(10) #ヒガンバナ | トップページ | 私のヒガンバナ研究・その後(12) #ヒガンバナ »