« 私のヒガンバナ研究・その後(6) #ヒガンバナ | トップページ | 2017年12月(師走)の俳句「歳時記」!! »

2017年12月(師走)の「雲見」は!?

Dscn2599
▼さあ12月(師走)だ!!
 2017年もあと一ヶ月、今年も「雲見」三昧の一年だった。
 やっぱり「雲見」でしめくくろう。さて、どんな「雲見」に!?

 その前に11月の「雲見」をもくもくシールセットによる「雲見」カレンダーでふり返ってみよう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴    4
・巻雲    2
・巻積雲  2
・巻層雲  4
・高積雲  2
・高層雲  3
・層積雲  1
・積雲    7
・層雲    1  
・乱層雲  4
・積乱雲  0

 上層雲、中層雲、下層雲がバランスよくバラエティに富んだ「雲見」だったという印象だ。
 積雲はもっとも雲らしい雲!!
 だから何にしようかな?と迷ったときは「エィー、積雲でいこう!!」となることも。

▼さあ、12月(師走)の「雲見」を予想してみよう。
いつものように2つの資料をもとに予想してみることにする。
ひとつは
 
◆気象庁・一か月予報(近畿地方PDF版)

 ちょうど木曜日の昨日更新されたばかりだ。
 寒くなりそうだな。
 「初雪」はいつだろう?
 クリスマス、お正月の「雲見」はどうなるのだろう。

▼もうひとつはよりローカルに迫ってみよう。

◆兵庫県 福崎の気温、降水量、観測所情報(アメダス)

 「雨温図」12月の降水量を見たら、1月についで一年間で2番目に少なかった。
 ためしに「生野」「豊岡」ではどうだろうと見てみた。
 ナルホド(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
 「上がるとシンシン 下がるとカラカラ」なるんだなひとり納得した。
 でもときには生野峠越えて…
 それはいつだろう?
▼今年一年間、2つの資料を見せてもらって「雲見」を予想してきたが、実は毎月 月初めにはもうひとつ参考にさせてもらったものがあった。
 それは昨年一年間利用させてもらった本だ。

◆『12ヶ月のお天気図鑑』(武田康男・菊池真以著 河出書房新社 )

 同じことの繰り返しになるかと、ここに書くのはひかえたが今年もずっと参考にさせてもらった。
 ともかく写真がいいんだ!!
 その写真を見せててもらっていると、その月の「雲見」の景が具体的にイメージできるのだ。

 図鑑の「12月(師走)」に紹介されている画像のタイトルだけでも引用させてもらう。

「寒空」
「海鳴り」
「地球影」
「初氷」
「紅富士」
「寒波」
「山茶花梅雨」
「波の花」
「ふたご座流星群」
「冴える」
「けあらし」
「冬の月」
「黄昏」
「初雪」
「陽炎」

さあ、私はこのうちいくつの景に出会うことができるだろう。

|

« 私のヒガンバナ研究・その後(6) #ヒガンバナ | トップページ | 2017年12月(師走)の俳句「歳時記」!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年12月(師走)の「雲見」は!?:

« 私のヒガンバナ研究・その後(6) #ヒガンバナ | トップページ | 2017年12月(師走)の俳句「歳時記」!! »