« 【Web更新11/12】17-46 Webテキスト『天気の変化』の可能性!?等 更新!! | トップページ | Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(168) #天気コトワザ »

Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(167) #天気コトワザ

Dscn1638
たしかに青空は西の空からひろがっていった!!
 朝から降り続いていた雨は午前中にやみ、午後になると青空がひろがりはじめたのだ。
 
 「光は東から天気は西から!!」

 はほんとうだと思った。
 偏西風帯の日本に暮らす我々にとってはとっても有効な「ルール」だ。
 ではハワイではどうだろう?
▼もうひとつ私がずっと使い続けて強力な「ルール」がある。
 それが

 「上がるとザアザア 下がるとカラカラ !!」

 である。これはいつでもどこでも有効だった。汎用性はいたって高い。
 天気の「大原則」だ!!
 天気の「ふしぎ!?」のすべてがこれで謎解きができた。
 日本の春夏秋冬いつでも使えた。世界の気候もこれを唱えれば見えてくる!!

▼「光は東から 天気は西から」「上がるとザアザア 下がるとカラカラ」に勝るような「天気コトワザ」をみつけることができるだろうか?
 また、それらを有効に使うことができるだろうか?
 
 Webテキスト試案『天気コトワザ』を続けよう。
 「テキスタイル」を本格化していこう。
 その前に今一度、「テキスタイル」とは?
 

  ”テキスタイル”ということばは、いつとはなしに造り出され、使用されるようになった。”わたしたち”の造語である(textile=織物ではなくて、text+style=textyleである。)”わたしたち”が教えたい、わかってほしいと願う事柄がきまったからといって、それはまだテキストではない。テキストは、発問と、資料と、実験と、読み物などで構成されるが、とりわけ、どんな発問を、どんな順序で用意するかが重要である。いや、内容がきまってから「さて発問は?」というのでなくて、事例に関する発問、事例を法則の支配下に位置づけさせる発問、等を考える過程の中で、”わたしたち”の中に次なる内容が求められ、獲得されていくのである。(『極地方式入門』(高橋金三郎・細谷純編、国土社1974.3.20) p174より)
 

Dscn1647

Dscn1654

Dscn1657

▼さあ、はじめよう。
---------------------------------------------------------------------------------
1 あなたは「観天望気」(かんてんぼうき)ということばを聞いたことがありますか。


▼どんな意味ですか?

▼具体的な例をいっぱいあげてみてください。

---------------------------------------------------------------------------------

 「観天望気」からはじめてみた。
 昨日の夕方も見た「私の夕焼けスポット」である図書館前のモニュメント!!
 たった今、勝手にネーミングしてしまった。

 「観天望気」の像!! 

と。

(つづく)

Dscn1696

 

|

« 【Web更新11/12】17-46 Webテキスト『天気の変化』の可能性!?等 更新!! | トップページ | Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(168) #天気コトワザ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/66045141

この記事へのトラックバック一覧です: Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(167) #天気コトワザ :

« 【Web更新11/12】17-46 Webテキスト『天気の変化』の可能性!?等 更新!! | トップページ | Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(168) #天気コトワザ »