« 新・「自由研究」のすすめ試論(147) | トップページ | 【お薦め本】『誰も教えてくれなかった実験ノートの書き方』(野島高彦著 化学同人 ) »

新・「自由研究」のすすめ試論(148)

Dsc_0380_4

▼第17号大賀ハス「あこがれの4日間」の二日目だった。
 第17号になるまでに、今年も「荷風」に惹かれて集ってくる虫たちは多かった。ハチの仲間、カナブンの仲間、蛾や蝶の仲間等々何種類にもなった。しかし、この仲間ははじめてであった。
 何だろう?触角の長さからキリギリスだろうか?(まったく自信はない(^^ゞポリポリ)
 はじめは果托に乗っかって雄しべをまさぐっていたが、サイドから頭を突っ込んでいた。
 しばらくして荷風に堪能したのか、花びらや葉の上で休んでいた。
 「あこがれの4日間」に来訪する昆虫図鑑!!なんてできたら面白いだろうな。
▼参加する「自然観察」!!

◆観察で「調査」に加わろう (夏休み科学体験 中 朝日新聞)
 

 に紹介されていた具体例をつづける。

◆ベランダバードウォッチ~身近な野鳥調査(バードリサーチ)

ナルホド、ベランダからバードウオッチとは面白いな(^^)V
 どこかにでかけなくても毎日身の回りで何種類もの鳥たちに出会うが、名前もしらなければどんな暮らしをしているのか知らないもんな!?

◆モニタリングサイト1000(環境省生物多様性センター)

これは夏休みに限らず常時利用させてもらいたいサイトだ。
▼ある生きものに特化したサイトもあった。
 
◆ナメクジ捜査網(宇高寛子・京都大助教(namekujida@gmail.com))

(゜o゜)ゲッ!!
こんなナメクジがいるのか。面白いな、こんなのが私は大好きだ!!

◆アカハネオンブバッタ分布調査(大阪市立自然史博物館)

こんな変わったバッタがいるのか!?興味津々だ。
自分の観察したことを報告することによって、「調査」が進むと考えるとなんかうれしいですねよね。

▼まだまだあった。

◆瀬戸内海東部のイルカやクジラの目撃や座礁情報(神戸市立須磨海浜水族園)

 せっかく目撃したことがあるならぜひ連絡を。
 目撃体験の顛末記はりっぱな「自由研究」になるはず。

 またまた庭に戻って

◆庭のチョウ類調査(日本チョウ類保全協会)

蝶の写真送れば同定もしてもらえるようだ。

 紹介してあるページをみせてもらっているあいだに、なにかいろいろ面白い試みのヒントがあるように思えた。
 
 またずいぶん以前の取り組み
◆Web版『はしりもの・かわりだね』
のことも思い出すのだった。

(つづく)
Dsc_0399

Dsc_0416

Dsc_0473

|

« 新・「自由研究」のすすめ試論(147) | トップページ | 【お薦め本】『誰も教えてくれなかった実験ノートの書き方』(野島高彦著 化学同人 ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/65622564

この記事へのトラックバック一覧です: 新・「自由研究」のすすめ試論(148):

« 新・「自由研究」のすすめ試論(147) | トップページ | 【お薦め本】『誰も教えてくれなかった実験ノートの書き方』(野島高彦著 化学同人 ) »