« 今年のコガネグモは別の場所に!! #クモ学 | トップページ | 2017年夏・私の「自由研究」!!(1) »

本日(2017/07/14)、第165回オンライン「寅の日」!!#traday

Dsc_8107
▼なんともかわいい花だ!!何の花だろう!?
 先日から気になっていた花だ。そうこれは「ムラサキシキブ」という名でホームセンターの苗木コーナーで売られていたものを数年前に庭に植えたものだ。今ではりっぱな群落になってしまった。「ムラサキシキブ」と呼んでいるが実は「コムラサキ」だと思っている。
 秋に実ができればよくわかるが、花だけではよくわからない。
 それにしてもこんな小さな花からあんなムラサキの粒(実)になるなんて「ふしぎ!?」だ。
 花が咲けば実ができる。実があるものは必ず花が咲く!!
 アタリマエすぎるほどアタリマエだけど、やっぱり「ふしぎ!?」だ!!

 「ねえ君、不思議だと思いませんか?」

▼本日(2017/07/14)は、第165回オンライン「寅の日」である。
 7月のテーマは 
・寅彦と「研究」
 この不思議の謎解きをする「研究」について寅彦の考えを読み解いてみよう。
 今回読むのは「科学に志す人へ」だ。

◆本日(2017/07/14)、第165回オンライン「寅の日」!!#traday

●「科学に志す人へ」(青空文庫より)

▼最初は寅彦自身の学生時代の思い出話からはじまっていた。
 それは『吾輩は猫である』のあの「寒月君」を思い出させるものだった。

 「研究」「学問」について寅彦の結論を示すような一文があった。

楽しみに学問をするというのはいけないことかもしれないが、自分はどうも結局自分の我儘(わがまま)な道楽のために物理学関係の学問をかじり散らして来たものらしい。

さらには続けてこう言っていた。

 勝手放題な色々な疑問を、叱られても何でも構わずいくらでも自分にこしらえては自分で追究し、そうしてあきるとまた勝手に抛(ほう)り出してしまって自由に次の問題に頭を突っ込んだのであったが、そういう学生時代に起こしかけてそれっきり何年も忘れていたような問題が、やはり自分の無意識の間に解答を物色していたと見えて、十年二十年の後にまた頭をもたげて来て三十年後の今日ようやく少し分かりかけて来たような気のすることもある。どうも個々の人間の頭の中の考えの歴史は不思議なもので、通り一遍の理窟や下手な心理分析などを遥かに超越したものではないかと思われる。

なんとこれぞ究極の「自由研究」のすすめでは!?

▼ともかく若い人たちに「問題の仕入れ」をすすめていた!!
それは一生モノだとも言っていた。
 
 最後の一文には共感!!

ただ科学の野辺に漂浪して名もない一輪の花を摘んではそのつつましい花冠の中に秘められた喜びを味わうために生涯を徒費しても惜しいと思わないような「遊蕩児(ゆうとうじ)」のために、この取止めもない想い出話が一つの道しるべともなれば仕合せである。
さあ、あなたもこの夏 あなただけの「問題の仕入れ」を!!

Dsc_8132


|

« 今年のコガネグモは別の場所に!! #クモ学 | トップページ | 2017年夏・私の「自由研究」!!(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/65532201

この記事へのトラックバック一覧です: 本日(2017/07/14)、第165回オンライン「寅の日」!!#traday:

« 今年のコガネグモは別の場所に!! #クモ学 | トップページ | 2017年夏・私の「自由研究」!!(1) »