« 「5.30」あれから33年が…[山崎断層地震]!! | トップページ | 2017年6月(水無月)の「雲見」は!? »

オンライン「寅の日」のすすめ(8) #traday

Dscn6229
前の代田を渡ってくる風の風向が「夏」を教えてくれた!!
 夕方の散歩で行った「アメダス」にもそれはきっちり記録されていた。
 その記録を見てもわかる。昼間の南風(海風)、夜間の北風(陸風)が顕著な季節となっていた。
 恥ずかしながら自分の暮らしている地域が、教科書にある「海陸風」の典型の地域であることを数年前に知ったばかりだった。(^^ゞポリポリ
 東の田の麦はすっかり熟れていた!!
 「夏」だ!!
▼とぎれとぎれになりながらも 『オンライン「寅の日」のすすめ』 を続けたいと思っていた。
 それは寅彦の残してくれた数々の随筆を読むことはとても面白く、役に立つと実感しているからである。
 鎌田浩毅氏風に言うならば

◆私の寺田寅彦「活用」法 

を書き綴ってみたいのだ。
▼前回までにも紹介していた

◆寺田物理学の特質(石原 純)(『思想』岩波書店 特集「寺田寅彦追悼号」昭和11年3月号より)

はやっぱり最高にいい!!
 同時代を生き、寅彦を高く評価し敬愛していた石原純氏ならでは寅彦ガイドがつづく。
 またまた引用させてもらう。

 寺田さんが好んで複雑な現象を取り扱おうした結果は、当然に種々の統計的研究に入り込む機会を与えた。それが先ず気象や地震に関する諸現象に対して行われたのは当然であるが、その間に偶然的な多数の事象に現われる疑似周期を発見されたことは非常に重要な仕事であった。統計的考察は物質現象のみでなく、実に多方面に種々の場合にまで拡張された。(中略)  寺田物理学がいかに異彩を放ち、また意外な有用性をもつことを知ることができるだろう。

▼石原氏が言っているように、「大気の物理学」=気象、「地震」などに関する随筆はきわめて多い。
その視点・観察眼はするどく先駆的であり、今なお有効である!!
 随筆を読むことにより、「これから」に大いにヒントをもらえる。

 もちろん先の「海陸風」「凪」に関する随筆も多くあった。アリガタイ!!

 日暈に飛行機雲が刺さっていた。そこが白くないのは …?(゜_。)?(。_゜)?
 寅彦だったら、どう見たんだろう?

(つづく)
Dscn6265

Dscn6257

Dscn6242


|

« 「5.30」あれから33年が…[山崎断層地震]!! | トップページ | 2017年6月(水無月)の「雲見」は!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/65350417

この記事へのトラックバック一覧です: オンライン「寅の日」のすすめ(8) #traday:

« 「5.30」あれから33年が…[山崎断層地震]!! | トップページ | 2017年6月(水無月)の「雲見」は!? »