« 本日(2017/05/27)、第161回オンライン「寅の日」!!#traday | トップページ | 【Web更新05/28】17-22 「クモ学」のすすめ等 更新!! »

子グモたちはなぜ「団居(まどい)」をするのか!?(4) #クモ学

Dsc_8795

あのクモが空を飛行する!!

 知っている人にとってはアタリマエかも知れないが、羽も持たないあのクモが空を飛ぶなんてほんの数年前まで信じられなかった。ここでもやっぱり鍵をにぎるのは「クモの糸」だった。
 自ら出した糸と一緒に風に流されて浮遊するのである。それは気球に乗って空中を浮遊するようなものだから、
バルーニングと呼ばれるらしい。

▼ 東のトタン屋根の下の「卵のう」から出てきて「団居」をしていた子グモたち、すでに多くはそのバルーニングをして旅立っていた。最後のグループが昨日の朝、旅立とうとしていた!!
 「出のう」から8日目の朝だった。
▼今回の東のトタン屋根と玄関のジョロウグモの「団居」の観察を通していくつかのことがわかってきた。
 同時にあらたな「ふしぎ!?」も生まれた。

(1) 二次団居(3齢)のとき、下向きにそろって並んでいる!!「重力感覚」を身につけたか!?

(2) 二次団居からいっきょにバルーニングするのではない。分散、集合を繰り返して団居をする。

(3) 旅立つ(バルーニング)のは朝が多いのでは!?

(4) 昼間はぎゅっとかたまった団居をしている。

(5) 二次団居は「より高くへ」と限らないのかも?いったん下方へも? 


▼究極の「ふしぎ!?」 

子グモたちはなぜ「団居(まどい)」をするのか!?

に結論をだすにはあまりも少ない事例しか観察していない。
 仮説も立ててみたもののそれらは、これからの観察のための「作業仮説」にすぎない。
 それに まだ玄関の団居は続いている。

 自分の観察の事例だけでなく、多くの人の観察事例を知りたいものだ。

まだ
(つづく) としておく。
 
Dsc_8589

Dsc_8429


Dsc_8501


Dsc_9285


 大賀ハス観察池は蓮根の植え替えから5週目であった。 

Dsc_8943


 

|

« 本日(2017/05/27)、第161回オンライン「寅の日」!!#traday | トップページ | 【Web更新05/28】17-22 「クモ学」のすすめ等 更新!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/65337443

この記事へのトラックバック一覧です: 子グモたちはなぜ「団居(まどい)」をするのか!?(4) #クモ学:

« 本日(2017/05/27)、第161回オンライン「寅の日」!!#traday | トップページ | 【Web更新05/28】17-22 「クモ学」のすすめ等 更新!! »