« Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(139) | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(380) »

サイエンスコミュニケーター宣言(379)

Dsc_9840
▼前の竹藪の椿が落ち始めた!!
 その落ちた花が
 「仰向きか?」
 「うつ伏せか?」
 そんなこと5年前まではまったく気にもとめなかった。
 5年前(2012年)の3月、オンライン「寅の日」を準備していて寅彦の「思い出草」を読んだ。
 そこに師・漱石の句「落ちざまに虻(あぶ)を伏せたる椿(つばき)かな」をきっかけに「仰向きか?」「うつ伏せか?」を真剣に問う寅彦がいた。
 面白いと思った!!
 それ以来、毎年落ちた花を自分の眼でも確かめるようにしている。
▼それを溯ること一年!!
 6年前の春、私は「サイエンスコミュニケーター宣言」をはじめた。

◆サイエンスコミュニケーター宣言(1) (2011/04/01)

 夢中で問い続けた。
 「科学」とは?
 「サイエンスコミュニケーター」とは?
 
▼やがていくつかのことが見えてきた。
 夢中になるがあまり、自分の「現在地」を見失いそうになった。そこで、「現在地」確認のための5つの座標軸をつくった。その座標軸のどこに居るのだろう? と多元的にみることができるようにしたのだ。
 その5つの座標軸とは次のようなものだ。

(1) 道楽的「科学」・道楽的「理科」の追求!
(2) サイエンスイベント・ムーブメントに参画する。
(3) 中学校「理科」カリキュラム全課程実践的検討!!
(4) あらたな理科教育コミュニティの構築!
(5) 日本理科教育史を現在進行形のかたちでまとめる。

▼年度末になると、こうして反応してしまう。
 これも長年の生活のなかで、身にこびついてしまった「職業病」のようなものだ。
 ひとつひとつ ゆっくり と 「現在地」を検証してみようと思う。

(つづく)

|

« Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(139) | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(380) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイエンスコミュニケーター宣言(379):

« Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(139) | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(380) »