« Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(112) | トップページ | 本日(2017/01/27)、第151回オンライン「寅の日」!!#traday »

Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(113)

Dscn3076
▼「一日でいちばんきれいな空」に細い月があった。
 なんともうれしい一日のはじまりだった。続く青空ばかりの「雲見」もすばらしかった。
 しかし、それは長くは続かなかった。次から次へとちがった種類の雲が現われ流れていった。
 そして夕方には再び雲のない空になった。金星が明るく輝いていた。

 そんな空で日替わりメニューで展開される物理実験の謎解きを楽しみたいと思っていた。
 乏しい知識の無手勝流で!!

▼再び宇宙からの「雲見」データ見せてもらった。

デジタル台風:雲画像動画アーカイブ(全球画像)

 赤道上空36,000kmからの「雲見」!!
 月を変え、年を変えいくら見ていても飽きない!!

 やがていくつかのことに気づく。例えば

・赤道付近では年がら年中 雲が発生している。
 暖められた大気は上にあがる→ここでも<上がるとザアザア>→熱帯ビシャビシャ ジャングル地帯!!

・私たちが暮らす日本では、雲は西から東へ流れていく。
 偏西風地帯だ!!→だから<光は東から 天気は西から>ダ!!

▼もうひとつ気づくことがあった。
雲が渦を巻いていることだ。雲はけっして直線的にばかり流れてはいなかった。
大きな渦、小さな渦をつくっていた。
渦は北半球と南半球では逆に見えた。
どういうことだろう ?(゜_。)?(。_゜)?

うすいうすい大気の層は、地球号の上に乗っていた。
地球号は一日に一回転、猛スピードで回転していた!!
上に乗っている(「へばりついている」というほうが)大気も影響を受ける!!
アタリマエ!!

コリオリの力!?

ポンコツ頭にいっきょには無理だ。
ゆっくり ゆっくりだ!!
\(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コッチニオイトイテ
▼話を、「数値予報天気図」にもどす。
各種の「予報天気図」があるなかに

◆極東地上気圧・風・降水量/500hPa高度・渦度予想図
( 12時間毎 )

◆アジア地上気圧、850hPa気温/500hPa高度・渦度予想図
( 24時間毎 )

がある。
 どうやら「数値予報天気図」を読み解くうえで
「渦度」
というものが重要な鍵を握っているようだ。

「鉛直p速度」「湿数」を私なりに読み解いたように、「渦度」もわかってくるだろうか?
ゆっくり 急ごう!!

(つづく)
Dscn3087
Dscn3099

|

« Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(112) | トップページ | 本日(2017/01/27)、第151回オンライン「寅の日」!!#traday »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/64810357

この記事へのトラックバック一覧です: Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(113):

« Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(112) | トップページ | 本日(2017/01/27)、第151回オンライン「寅の日」!!#traday »