« 2017年2月のオンライン「寅の日」は #traday | トップページ | Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(110) »

Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(109)

Dsc_4453
▼昨日(2017/01/20)の朝。
 朝の散策から帰ろうとしたその頃からチラチラしはじめた。降りはじめたらいっきょにだった。
 またたく間に雪景色になってしまった。
 定点ヒガンバナも雪をかぶってしまった。しかし、前回のように完全に雪にうもれてしまうということはなかった。
 そのうち空に青空が見えだしたと思ったら、雪はすっかり融けてしまった。
 しかし、天気の変化はそう簡単に直線的変化ではなかった。
 夕方には、北、西の空から巨大な雲がやってきて今度は雨だった。
 夜にはそれもあがった。
▼TVの天気予報が「暴風雪」に注意を呼びかけていた。
 私が今もっとも知りたいのは、今朝の天気だった。
 車で外出するのである。日程変更も簡単にはできない…(^_^;)
 
 私は直接役に立つかどうかは別にして
◆数値予報天気図(気象庁)

◆極東850hPa気温・風、700hPa上昇流/700hPa湿数、500hPa気温予想図 ( 12時間毎 )  
を開いてみた。
▼昨日のお昼(12時)に予想して「T=12」「T=24」となっているから、今日(21日)の0時と12時のものだ。
 見るからにゴチャゴチャしている。
 こんなもの私にわかるだろうか?
 
 わかるところから行こう!!予報天気図だって同じ「高層天気図」だ。
まずは、このルールあてはめてみよう。 
---------------------------------------------------------------
 雪と「高層天気図」のルール!! 

「雪は天から送られた手紙である。」(中谷宇吉郎)
「天」の情報は「高層天気図」にある!!

・850hPa(上空1500m)で-6℃は「雪」の目安!!
・500hPa(上空5700m)で-30℃は「雪」、-36℃以下で「大雪」だ!!
---------------------------------------------------------------
アバウトにではあるが、ある程度有効に思える!!
▼次が700hPaの図に書き込まれている
・「鉛直P速度」
だ。耳慣れぬ言葉だ!!
 要するに大気が「上がっているか」「下がっているか」が表示されているのだ!!
 ヤッター!!ナラバ 私のたったひとつの武器

 < 上がるとザアザア 下がるとカラカラ >

が使えるのでは?
上昇流域は縦縞で表現されていた。
セットで扱われているもうひとつの700hPaの図には
・湿数=気温-露点
が表示されている。湿数3℃以下のところには縦縞が入っている!!
「上がるとザアザア」→「湿数<3℃」→「雲ができる」!!
ナラバ
縦縞はリンクするのでは!?

ひょっとしたら数値予報天気図も面白いかも知れない!!
ちょっとしたゲームソフト以上には
なにしろこちらはリアルに直結している!!

今朝の天気は今のところ小さな冷たい雨がパラパラ…
もう出かける準備をしよう。

(つづく)

Dscn2987


 


|

« 2017年2月のオンライン「寅の日」は #traday | トップページ | Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(110) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/64789279

この記事へのトラックバック一覧です: Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(109):

« 2017年2月のオンライン「寅の日」は #traday | トップページ | Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(110) »