« Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(101) | トップページ | 【Web更新01/08】17-02 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等更新!! »

Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(102)

Dscn2515
▼我が家の初詣は能勢妙見山(標高660.1m)と決めていた。
ずいぶん昔からの恒例としていた。お詣りする日も1/2と決めていた。
ところが今年はちょっとした事情があって、七日正月の昨日お詣りした。
 あたたかい正月を物語るように山頂にはまったく雪はなかった。
兵庫県と大阪府の県境に位置する山頂からは瀬戸内・大阪湾も眺めることができた。
▼毎年、お詣りする度にひとつのアタリマエの科学を確認していた。
「上空ほど気温が低い」
山をのぼる前は雪がみられなくても、山頂までいくと雪が残っていたりすることもよくあった。
このアタリマエに納得した!!
具体的な温度も、山門にかけられた温度計で確認することにしていた。
 ところが、今年はその温度計が壊れていた。なんということだ!!
 スマホ温度計で1℃と知った。やっぱり例年よりあたたかい!!
▼ところで、「上空ほど気温が低い」ってほんとうにそれほどアタリマエの科学だろうか!?
 問われれば、そう答える人も多いかも知れないが、私にはやっぱり「ふしぎ!?」な事実だ。
 この事実をいながらにして確認する方法がある。
 それが、「高層天気図」である。
 
代表的な高層天気図の「高さ」は次の通りだ。
・300hPa…基準高度9600m
・500hPa…基準高度5700m
・700hPa…基準高度3000m
・850hPa…基準高度1500m

これを見れば、高い山に登らなくても、飛行機で高いところを飛ばなくてもその高さの気温はわかる。
やっぱり「高層天気図」は使いモノになる。
▼「天気の変化」の大鉄則が2つあると思っていた。

●上がるとザアザア 下がるとカラカラ !!

●光は東から 天気は西から !!

である。このふたつもやっぱり「高層天気図」から導けると確信していた。
ではどのようにして…。
 それが次なる課題だ!! ゆっくり 急ごう!!

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから41週目だった。
 池に張った氷はもはや芸術だ!!

(つづき)
Dscn2543

Dscn2534

Dsc_3211


|

« Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(101) | トップページ | 【Web更新01/08】17-02 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等更新!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/64734879

この記事へのトラックバック一覧です: Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(102):

« Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(101) | トップページ | 【Web更新01/08】17-02 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等更新!! »