« 【Web更新01/15】17-03 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等更新!! | トップページ | Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(107) »

1.17 あれから22年の歳月が!!そして…

Dsc_3988
▼昨日(2017/01/16)の朝。
 大賀ハス観察池に雪の花が咲いていた。
 山も川もすっぽり雪の中にあった。
 今回の雪はきっと当地にとって記録的な「大雪」だったにちがいない。
▼22年前のあの日の朝も、今朝と同じように私はパソコンに向っていた!!
 【理科の部屋】ははじまっていたのだ。
 正直言って当初何が起こったのかわからなかった。
 しばらく時が経って、少し落ち着きはじめたとき、【理科の部屋】では『変動する日本列島』(藤田和夫著 岩波新書)をテキストにしてオンライン学習会をはじめた。
 学習会を通して少しずつわかってきた!!
 「これはアタリマエのことが起きたのだ!!」
 「私たちの暮らす大地は、常に現在進行形で動き続けている!!」
 「この動きが六甲山をつくり、大阪湾をつくった!!」
 と。
授業『大地の動きをさぐる』なかでは、これまでにも増してそれを伝えたかった。
 学習のメインテーマは

●大地の動きを「現在進行形」でとらえよう!!

だった。
  けっして「動く大地の物語」は、遠くで起こった昔物語ではない。
今自分が立つ大地で起こっている現在進行形の物語なんだ!!
 それをなんとしても伝えたかった。
 それが究極の防災・減災教育にツナガルと確信していたからだ。
▼22年経った今、私は授業でそれを語る機会もなくなった。
 できることは何だろう?
 やりたいことは何だろう?
 考えてみた。

 Webテキスト『大地の動きをさぐる』!!

  Webテキスト『天気の変化』の取り組みだって遅々としてすすまないなか無謀とも言えるプロジェクトだ。
 それは十分に承知しているつもりだ。
 「完成」なんてしなくてもいい!!試みたいだけだ!!

・徹底して「ローカル」にこだわって
・あの山はどうしてできたのか?なんであの山の上からフズリナの化石がでてくるのだ!?
・あの坂道が教えてくる動く大地の物語とは?
・窓から見える山並みが平らなのはどうして?どんな物語が?
・あそこに竹藪があるのはどうして?
・私たちは「どこに」暮らしてきたのか?
・どこに活断層(山崎断層)が!?
・動く大地の物語と私たちの暮らしはどうツナガッテいるのか?
・「現在進行形」でとらえることによってどんな「未来」が見えてくるのか?

そんなこと考えている間に時間がたった。
もう すぐ あの時間だ !!

 22年目の朝に   合掌  
Dsc_4108
Dsc_4082


 

|

« 【Web更新01/15】17-03 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等更新!! | トップページ | Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(107) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1.17 あれから22年の歳月が!!そして…:

« 【Web更新01/15】17-03 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等更新!! | トップページ | Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(107) »