« 2017年1月のオンライン「寅の日」は #traday | トップページ | 本日(2016/12/22)、第147回オンライン「寅の日」!!#traday »

【お薦め本】『増補版 実験で楽しむ宮沢賢治~サイエンスファンタジーの世界』(四ヶ浦弘著 細川理衣 絵 金沢・金の科学館)

Dscn1994
▼昨日は雲ばっかりの「雲見」からはじまった。雨もときおり降ってきた。
 しかし、夕方ちかくになると青空も見えて広がっていった。どのときの「雲見」もいい!!
 それぞれの味わいがあっていい、いくらやっていても飽きない!!
 「雲見」はもっとも安上がりの私の究極の道楽だ!!

 その「雲見」を最初に言ったのはあの宮沢賢治だ。

眺(なが)めても眺めても厭(あきな)いのです。そのわけは、雲のみねというものは、どこか蛙の頭の形に肖(に)ていますし、それから春の蛙の卵に似ています。それで日本人ならば、ちょうど花見とか月見とか言う処(ところ)を、蛙どもは雲見をやります。
「どうも実に立派だね。だんだんペネタ形になるね。」
「うん。うすい金色だね。永遠の生命を思わせるね。」
「実に僕(ぼく)たちの理想だね。」
宮沢賢治『蛙のゴム靴』青空文庫より

▼残り少なくなった今年は、その宮沢賢治の生誕120年!!
 生誕で思い出すのが、5年前の賢治115歳の誕生日(2011/8/27)のことだ。その日、私は偶然にも生誕の地に立っていた。「デクノボーの科学」を訪ねての旅だった。
 先日、この宮沢賢治に関するたいへん興味深い本を手に入れた。面白くていっきょに読んでしまった。
 【お薦め本】にあげるのは、実験を見せてもらった後にしようかと迷っていたが、やっぱり感動のうすれぬ今あげておくことにした。

◆【お薦め本】『増補版 実験で楽しむ宮沢賢治~サイエンスファンタジーの世界』(四ヶ浦弘著 細川理衣 絵 金沢・金の科学館 )

▼感動した点はいっぱいありすぎて、また話が拡散してしまいそうだ。
 だから、最初にいつものようにお薦めポイント3つをあげておく。

(1)「宮沢賢治の世界」を楽しむあらたな方法の提案がある!!

(2)アートとサイエンスのコラボレーションに成功している!!

(3)もう一度「宮沢賢治」を読んでみようという気持ちにさせてくれる!!

 ひとつめから行こう。
 (1)「宮沢賢治の世界」を楽しむあらたな方法の提案がある!!
 「金」の「ふしぎ!?」を追いかけ、ついには「金沢・金の科学館」までつくってしまう四ヶ浦さんだ。
 今回はどんな展開を見せてくれているのか、本を手にする前から楽しみだった。
 期待どおりだった、いやその何倍も面白かった!!
 最初に気に入ったのは「はじめに」のコトバだった。

 ところが興味を持って作品を手にしてみると、なんだかよくわからず(宮沢賢治ってこんなだったっけ?)と本を閉じてしまうことが…。実は、私がそうでした。親しみやすそうで難解な宮沢賢治の世界。そんな彼からのメッセージを確実に受け取れる方法があるのです。その方法で、ご一緒に賢治のサイエンスファンタジーの世界を楽しんでみませんか?

 「そうなんですよね!!」と思わずうなづいた。
 私も、「デクノボーの科学」なんてカッコつけて言っていても、ほんとうはよくわかっていなかった。
ましては「宮沢賢治の世界」を楽しむなんていうのはとてもとてもだった。
 そこで、いかにも四ヶ浦さんらしい方法の展開がある。
 それを語る四ヶ浦さんの口調もとても気に入った。どこまでも等身大だ!!
 わからないことはわからないと言い。
 「ふしぎ!?」だと思うことは不思議がり、驚き、感動する!!
 このアタリマエがとってもいい!!

 そこで四ヶ浦さんがとった方法は? これも四ヶ浦さんのコトバを借りよう。


  賢治の作品には色々な味わい方があるように思います。ここで紹介してきたような<描かれたひとつひとつの表現を、実物や実験で確かめていく>という味わい方は、実験をやりながら、科学を学んでいく感覚に似ている様に感じられます。(そのうち何かがひらめくんじゃないかな?)と期待して少しずつ読み進めていけばいいような気がします。(同書 p20より)
 

 そう実験をするのです!!
 実際のモノを見るのです!!
 賢治がやったであろう実験を再現するのです!!
 賢治は「理科の教師」であり、科学者でした。実験も大好きだったのではと想像できます。
 
 具体的に扱った作品は『春と修羅』のなかの「真空溶媒」「蠕虫舞手」です。

 ここで私も今すぐできる<実験>をやってみました。
 この本を読んだ後、青空文庫をひらいて「真空溶媒」を読んでみました。

 なんとカラーで読めてくるのです!!
 
 この一事をもって四ヶ浦さんの試みは成功していると思った。
▼ダメだ。こんなふうに書いていたら、いくらでも出てくる。
 先を急ごう。

(2)アートとサイエンスのコラボレーションに成功している!!
 これも追加ですが、「第2部 賢治の作品に描かれた科学を楽しもう」がとてもいいです。
 きれいな写真とともに実験方法が具体的に紹介されています。
 表紙、中表紙のイラストもすばらしい!!
 場面場面のイラストは「賢治の世界」のイメージを豊かにふくらませてくれています。

(3)もう一度「宮沢賢治」を読んでみようという気持ちにさせてくれる!!
 これは今の私の心境そのままです。

 今回はこれぐらいにしておいて、またつづきをぜひ書きたいと思います。
だから…

(つづく)


|

« 2017年1月のオンライン「寅の日」は #traday | トップページ | 本日(2016/12/22)、第147回オンライン「寅の日」!!#traday »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/64652845

この記事へのトラックバック一覧です: 【お薦め本】『増補版 実験で楽しむ宮沢賢治~サイエンスファンタジーの世界』(四ヶ浦弘著 細川理衣 絵 金沢・金の科学館):

« 2017年1月のオンライン「寅の日」は #traday | トップページ | 本日(2016/12/22)、第147回オンライン「寅の日」!!#traday »