« サイエンスコミュニケーター宣言(372) | トップページ | 定点ヒガンバナの今!!(2016/11/10) #ヒガンバナ »

サイエンスコミュニケーター宣言(373)

Dscn0835_2
▼空の写真家・武田康男さんの数ある写真集のなかの一冊に『雲のかお』(小学館文庫 1998.10.1)がある。比較的初期の作品である。私のお気に入りの一冊である。
 月ごとの「雲の表情」がすばらしい写真で紹介された後、「雲の名前」と続けて最後に「雲の日記」という章があった。その章の扉にこんな言葉があった。

 新しい季節の予感を漂わせ、

 毎日、違う顔で、

 通り過ぎてゆく雲たち。

 そんな空の下で、

 わたしたちは暮らしています。

 それにつづいて、観測定点を決めて、一年365日、毎日の「雲のかお」が「記録」されていた。
私はそれにいたく感動した!!
面白いと思った!!
▼私が定点を決めて意識的に「雲見」をするようになったのは、この本に出会ったこの頃からである。
学校に勤務しているときは、「この窓から…」と決めていた。
そして今は、「庭の一点から、この方角を…」と決めている。
 昨日の「雲のかお」の表情も次々と変わった。北風は強く冷たかった。
 生野峠越えてくる雲たちは北の空を暗くしていた。やがて、空全体が曇り時雨がふってきた。
 夕方が近づくに従い東の空に虹の「株」だけが見られた。
 やっぱり「雲見」は面白い!!楽しい!!
▼ひと口に「中学校「理科」を楽しむ」と言っても、「楽しみ方」は十人十色だ。
多種多様である。
 自分が今まで知らなかった「楽しみ方」を知ることは、目から鱗である。
そして、自分の「楽しみ方」をより豊かに膨らませてくれる。
 これまでは「つまらないこと」「アタリマエのこと」と決めつけていたことも、他の人の「楽しみ方」をしれば、まったく新しい世界が見えてくるかも知れない。

 「楽しみ方」の再発見!!

それは、きっと

◆中学校「理科」を楽しむ会

のねらいとするところである。
 中学校「理科」とあえてかたぐるしく言っているが、けっして対象を限定する意図はまったくない。
誰も出会う「科学」として中学校「理科」と表現したのだ。
 幸い中学校「理科」は、「科学」の全領域をカバーしている。

 世代や立場を超えて中学校「理科」を楽しもう!!
 「楽しみ方」を再発見しよう!!
 


|

« サイエンスコミュニケーター宣言(372) | トップページ | 定点ヒガンバナの今!!(2016/11/10) #ヒガンバナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイエンスコミュニケーター宣言(373):

« サイエンスコミュニケーター宣言(372) | トップページ | 定点ヒガンバナの今!!(2016/11/10) #ヒガンバナ »