« 新・中学校「理科」を構想する。(57) | トップページ | ファラデーラボ「ミツバチのかがく」は面白かった!! »

本日(2016/09/17)、第139回オンライン「寅の日」!!#traday

Dsc_8842
▼ヒガンバナ定点観察地の周辺の草むしりをした。
定点A…二十年近く観察を続けて来た株
定点B…紅白ヒガンバナの地
定点C…東京からの引っ越し組(昨年の夏引っ越してきた。)
 でもどこにも「花芽」ひとつみつけることはできなかった。周辺の草むらでは次々と開花してきた。
 やっぱり心配になってきた。もうすぐ「彼岸の入り」だ。なにか異変が起こったのだろうか?
 シロバナヒガンバナと言えばいちばんに思い出すのは寺田寅彦邸のシロバナヒガンバナだ!!
 もう咲き始めたのだろうか?
▼本日(2016/09/17)はその寅彦を読む第139回オンライン「寅の日」だ!!
9月のテーマは
寅彦の「秋」である。その第2弾として「秋の歌」だ。

◆本日(2016/09/17)、第139回オンライン「寅の日」!!

●「秋の歌」(青空文庫より)

▼私は正直言って、少し悔やんでいた。
「なんで、こんな文章をえらんだのだろう?」と。選択理由が安直だった。
題に「秋」が出てくるものを青空文庫で捜していたら、これが正直なところだった。
これまで読んできたものの較べるとやはり異質だった。なんなのだろう?
文学の範疇で言うならば、これは「短編小説」?「散文詩」?それとも…???
ともかく読み進めてみよう。

 チャイコフスキーの「秋の歌」という小曲がある。私はジンバリストの演奏したこの曲のレコードを持っている。そして、折にふれて、これを取り出して、独り静かにこの曲の呼び出す幻想の世界にわけ入る。

 私は音楽には疎い。ましてクラッシック音楽はなおさらである。「秋の歌」は聴いたことがなかった。そこでYouTube で一度聴いてみることにした。
▼バイオリンでなくピアノ演奏だったが、なんとなくその曲想はわかった。
 しかし、それにしてもこの曲を聴いて、こんな「幻想の世界」に入って筆を運べるとは、寅彦はやっぱりすごい才能の持ち主なんだろう。
 私には、妙に最後の一行が、気に入った!!

気がつくと、曲は終っている。そして、膝にのせた手のさきから、燃え尽した巻煙草の灰がほとりと落ちて、緑のカーペットに砕ける。

Dsc_8829
Dsc_8855

|

« 新・中学校「理科」を構想する。(57) | トップページ | ファラデーラボ「ミツバチのかがく」は面白かった!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/64214272

この記事へのトラックバック一覧です: 本日(2016/09/17)、第139回オンライン「寅の日」!!#traday:

« 新・中学校「理科」を構想する。(57) | トップページ | ファラデーラボ「ミツバチのかがく」は面白かった!! »