« Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(93) | トップページ | 2016年9月のオンライン「寅の日」は #traday »

Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(94)

Dscn8056
▼昨日も「雲見」三昧の一日だった。
同じ東の空の「雲見」だった。何か特別のスゴイことを観察したのではない。極々アタリマエのことを見たにすぎない。しかし、やっぱり面白い!!
 日々刻々とちがったメニューで繰り返される「大気の物理実験」!!
 まったくアトランダムでデタラメとは思えない。
 そこにはどんなルールがあるのだろう?
▼この「雲見」の面白さをなんとか伝えたい。そのためのテキストが

Webテキスト試案 『「雲見」を楽しもう!!』

 「1 上空のようす」につづいて「2 10種雲形と「雲見」」である。
この章がこのテキストの本命でもあった。

▼原案の原案!!
 いくらでも更新するつもりでまずはあげてみよう。


*********************************************************************
2 10種雲形と「雲見」

(1) あなたは「雲見」という言葉を聞いたことがありますか。

▼あの宮沢賢治は、「雲見」を『蛙のゴム靴』(青空文庫より)のなかで次のように語っています。

眺(なが)めても眺めても厭(あきな)いのです。そのわけは、雲のみねというものは、どこか蛙の頭の形に肖(に)ていますし、それから春の蛙の卵に似ています。それで日本人ならば、ちょうど花見とか月見とか言う処(ところ)を、蛙どもは雲見をやります。

「どうも実に立派だね。だんだんペネタ形になるね。」

「うん。うすい金色だね。永遠の生命を思わせるね。」

「実に僕(ぼく)たちの理想だね。」

宮沢賢治『蛙のゴム靴』より)


(2) さあ、私たちも「雲見」をやってみましよう。
 雲の名前を知っているとより楽しく「雲見」ができますね。
 あなたはどんな雲の名前を知っていますか。


(3) たくさんある雲の名前を世界気象機関(WMO)では、10種類に分類して使っています。
 「10種雲形」といいます。

※参照
 10種類の雲形の名称とよく現れる高さ(気象庁:『気象観測の手引き』P51)


▼たった10種類です!!
最初に覚えてしまいましょう!!
覚えたら使ってみましょう!!使いながら覚えましょう!!

使えるようになったら一生モノ!!

▼覚えるのに自分でいろいろ工夫してみよう!!
例えば、

※ 「雲見」のうた(雲家族10のうた)

ケンケン三兄弟に(巻雲 巻層雲 巻積雲)
コウコウ姉妹 (高層雲 高積雲) 
ソウセキ(層積雲) はなれても りっぱに ソウ! セキ! (層雲 積雲)
雨 雨 ふれ ふれ ラン!ラン! (乱層雲 積乱雲) 

*********************************************************************


▼「10種雲形」から入るのは異論もあるだろうが、私は絶対にここから入ることを主張したい!!
たった10個である。
 植物観察、昆虫館観察、岩石観察などの自然観察でも、たった10個覚えるだけで間に合う観察があるだろうか。「ひつじ雲」「うろこ雲」「入道雲」等などは、「10種雲形」の後で十分間に合う!!

はじめに「10種雲形」ありき!!

で行きたいものだ。
さあ、今日の「雲見」では何種類観察できるだろう!?

(つづく)

Dscn8071
Dscn8077
Dscn8086
Dscn8094

 
 

|

« Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(93) | トップページ | 2016年9月のオンライン「寅の日」は #traday »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/64079831

この記事へのトラックバック一覧です: Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(94):

« Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(93) | トップページ | 2016年9月のオンライン「寅の日」は #traday »