« 8月(葉月)の天気コトワザ!! | トップページ | Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(88) »

8月(葉月)の俳句「歳時記」!!

Dscn6887
▼季語【雲の峰】は、私の手持ち歳時記(『俳句歳時記』角川文庫)では「夏」編の「天文」の項に出てきた。

 【雲の峰 くものみね】 峰雲 入道雲 積乱雲 雷雲
 俗に入道雲といわれる積乱雲のことで、そのせりあがる様を山に譬えていう。

 そのまさに【雲の峰】が、いつもの「雲見」定点観測地に出現した。またたくまにもくもくと盛り上がり巨大化する【雲の峰】はダイナミックな大気の運動を可視化してくれていた。
 【雲の峰】は「アメダス」の上空にも、西の空にも現われていた。
▼私は「観天望気」第三の手段として、俳句「歳時記」を選んだ。
例によって、今月も

◆『書いて身につく 四季の名句120選』(鍵和田秞子著 NHK出版)

から10句を引用させてもらおう。

(1) 道のべの木槿は馬にくはれけり 芭蕉
(2) そよりともせいで秋立つことかいの 鬼貫
(3) づかづかと来て踊り子にささやける 高野素十
(4) 妻二タ夜あらず二タ夜の天の川  中村草田男
(5) 朝顔の紺のかなたの月日かな  石田波郷    
(6) 西瓜売り厚き筵をひろげけり  皆川盤水
(7) 今生を燃えよと鬼の佞武多来る 成田千空
(8) かなゝや森は鋼のくらさ持ち  深見けん二
(9) 今生の狂ひが足らず秋蛍    手塚美佐
(10) 桐一葉ひとかたまりにわれと子と 森賀まり

▼毎月同じことに感心してしまうが、「名句」とよばれるものはどうしてかくもうまいのだろう!!
 うまいから「名句」というのだろうが。
 なかでもお気に入りベスト3をあげてみる。

(5) 朝顔の紺のかなたの月日かな  石田波郷

(2) そよりともせいで秋立つことかいの 鬼貫

(9) 今生の狂ひが足らず秋蛍    手塚美佐

なぜこの3句を採ったかの説明にはもう少し時間が必要なようだ。
▼「いつの日か…」を繰り返しているあいだに人生終わってしまいそうだ。(^^ゞポリポリ
それはわかっていても、でもやっぱり今の段階ては「いつの日か…」としか言えないとんでもない「野望」が私にはあった。

・俳句結社「寅の日」の結成!!
・その仲間との吟行!!

口に出すのも恥ずかしい「野望」だ。
でも何度も口に出して言っているあいだに「ひょっとしたら…」の期待だけは持ち続けたい。
Dscn6892
Dscn6909
Dscn6914


|

« 8月(葉月)の天気コトワザ!! | トップページ | Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(88) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/64009264

この記事へのトラックバック一覧です: 8月(葉月)の俳句「歳時記」!!:

« 8月(葉月)の天気コトワザ!! | トップページ | Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(88) »