« 新・中学校「理科」を構想する。(49) | トップページ | 新・中学校「理科」を構想する。(51) »

新・中学校「理科」を構想する。(50)

Dscn6523
Dscn6539
▼同じ位置からの「雲見」でもあっても、時間帯が変わればまったくちがった「雲見」を楽しむことができた。
 それはアタリマエすぎるほどアタリマエのこと。
 でもそれが「雲見」の醍醐味であり、もっとも面白いことでもあった。
▼幸いなことに、私の「雲見」画像には、「福崎」の「アメダス」観測所が写し込まれていた。
 こんな奇遇ってあるもんなんだ!!
 だから私にとって、「雲見」とアメダス「福崎」のデータはリンクしていた。
 データをとてもリアルなものとして受け取ることができた。
▼「そもそもアメダスとは何か?」それに答えてくれる気象庁のページがあった。

◆地域気象観測システム(アメダス)(気象庁)
 
 とてもわかりやすいページだ。
 けっして雨を観測するから「雨ダス」ではないのだ。(^^)V
 全国に約1300ヶ所もあるそうだ。
▼今、私が問題にしているアメダスは「福崎」以外に3ヶ所あった。
「生野」
「姫路」
「家島」
 私はどんなところにあるのか知らない。
 近くぜひともその3ヶ所のアメダス観測所に立って「雲見」をしてみたいと思っている。
そうすれば、きっと…

(つづく)
Dscn6573

|

« 新・中学校「理科」を構想する。(49) | トップページ | 新・中学校「理科」を構想する。(51) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新・中学校「理科」を構想する。(50):

« 新・中学校「理科」を構想する。(49) | トップページ | 新・中学校「理科」を構想する。(51) »