« あのジョロウグモの「団居」(まどい)を見た!! #クモ学 | トップページ | 本日(2016/05/08)、第128回オンライン「寅の日」!!#traday »

新・中学校「理科」を構想する。(7)

Dscn4435
▼ 

 春
遠い峠田のてっぺん
あれはおかんかいな
鳥かいな

やっぱりこの時期、この詩碑の前に立たなければ落ち着かなかった。
 昨日、雨が本格的に降り出
すまでに私のなかで恒例化しつつある
たったひとりの坂本遼『たんぽぽ忌』
にでかけた。
Dscn4425
Dscn4479
▼つづけよう。
私の「ふしぎ!?」から私の「科学」へ の全プロセスの展開構想!!
「原子論的物質観」それはお題目のように何度唱えても意味はない。
使ってみてこそナンボのモノ!!
では、いつどこから使うのか?
「原子」というコトバはいつ出すのか?
議論の分かれるところである。
私はやや無責任なひとつの結論を持っていた。
それは授業者の判断にまかされるべきだ!!そこで授業者の物質観がためされるのだ。
もっとオーバーに言えば「科学観」が試されるのだ。
できるだけ自然なながれのなかで、「原子」を登場させたいものだ。
私自身は はじめに「原子」ありき!!でいきたいと思っている。
だってその方が面白そうではないか。
それに「原子」が「使いモン(モノ)」になりそうだから…。
▼もうひとつ長い間課題としてきたことがあった。
それは
 周期表をいつ出すのか?
である。これについても持論があった。
 世界(もちろん国内も)を旅するとき「地図」は必携である。
同様に物質探検の旅に出るときも、物質の世界の「地図」=周期表は必携である。
これはきわめてアタリマエ!!
 最初から「地図」を暗記するやつはいない、「地図」はあくまで使うのだ!!
 「地図」で陸と海の境を意識するぐらいに、アルミの階段(金属と非金属の境)ぐらいは最初から触れておいてもいいかもしれない。その方が絶対面白い!!

◆一家に1枚「元素周期表」

を薦めてみるのもいいかもしれない。
▼ともかくいつでも、どこでも「原子」を使ってみることだ。
憶えるのではない。使ってみるのだ!!
21世紀の今、「ルクレチウス」の末裔を志すならば…。

 朝方には三つの集団に分かれていたジョロウグモの子グモたちの「団居」、夕方にひとつの集団にもどっていた。しかし、最初見たときにくらべるとずいぶん膨らんでいた!!
無数に張られて糸が目立つ。
 「団居」とは何をしているのだろう!?
 私の「ふしぎ!?」も膨らむ一方だ。子グモたちが教えてくれていた。

 最大の「ふしぎ!?」は、最も身近にある!!

と。

(つづく)
Dsc_4021
Dsc_4151
Dsc_4171


  

|

« あのジョロウグモの「団居」(まどい)を見た!! #クモ学 | トップページ | 本日(2016/05/08)、第128回オンライン「寅の日」!!#traday »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/63592239

この記事へのトラックバック一覧です: 新・中学校「理科」を構想する。(7):

« あのジョロウグモの「団居」(まどい)を見た!! #クモ学 | トップページ | 本日(2016/05/08)、第128回オンライン「寅の日」!!#traday »